食品安全MS

【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザード分析

434-20111128ADEKA.jpgフローダイアグラムをベースに、生物的(B)、化学的(C)、物理的(P)要因ごとにハザード分析をやる。これは、ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)に取り組んでおられるところなら、一般的に実施している方法である。これが、ほぼISO 22000+PAS 220という構成をとっているFSSC 22000対応となると、どうか? PAS 220の要求事項に対しても、1つ1つBCPハザード分析をやっている食品工場が、どれだけあるだろうか?

「BCPハザード分析は、ISO 22000においては、『ハザード分析一覧表』という形で市販の書籍でも紹介されている方法なのですが、当社がその書式をPAS 220に応用することにたどり着くまでには、紆余曲折があり、結構時間がかかりました」(ADEKA担当者)

ADEKA鹿島工場内にある業務用クリーム工場が実施しているFSSC 22000では、PAS 220の全shallに対して、BCPハザード分析を行っている。徹底するとこうなる、という事例。その危害分析一覧表の抜粋がアイソス3月号(2月10日発行)に掲載されているので、関係者は一度ぜひご覧になっていただきたい。

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(2) Co…
  2. Food Safety Day Japan 2013(12) 荒…
  3. 2万トンの原料糖の山
  4. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  5. Food Safety Day Japan 2013(11) F…
  6. JABが来年4月からJGAP認定開始
  7. 農水省が考える食品安全MS規格
  8. 農水省が食品の放射能測定試験所にJAB認定も指定

ピックアップ記事

J-VACのオープニング会議

ISO審査機関・J-VAC(ジェイ-ヴァック)が審査で使用するオープニング会議(審査初日、審査側が行…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

カーボンフットプリント制度説明会速報

9月14日午後、産業環境管理協会(産環協)主催による「カーボンフットプリント(CFP)制度説明会」が…

SEP 製造業による製造業のためのISO 50001

米国ではSEP(Superior Energy Performance)と呼ばれる、ISO 5000…

何千もの命を救うISO 39001

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。ISOは1…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP