食品安全MS

2万トンの原料糖の山

462-20120604mitsui.jpg三井製糖・千葉工場を取材した折、生まれて初めて原料糖の山というのを見ました。工場倉庫に保管された2万トンの茶褐色の山は圧巻です。

「三井製糖」と言ってもピンとこない人でも「スプーン印」のブランドはご存知だと思います。2万トンというと、1kgの市販用小袋2000万個分です。1世帯が1ヵ月に1袋使用すると仮定すると、日本には約5000万世帯ありますから、もし千葉工場が家庭用の「上白糖」のみを作っているとすれば、日本の世帯が1ヵ月に使用する上白糖の原料の5分の2がこの倉庫に保管されていることになります。実際、千葉工場では2万トンの原料糖を1ヵ月で使ってしまうそうです。それに原料糖は、何らかの種類の砂糖になり、捨てるものはほとんどありません。大雑把に言えば、この規模の上白糖プラントが3基あれば、国内の家庭用砂糖需要はまかなえることになります。

「この倉庫の山が3つあれば、国内需要OKなのかあ」
都合のいい計算をしながら、唸っておりました。

関連記事

  1. 菅原貴弘・エルテス社長に聞く ネット炎上のからくりと対策
  2. 品質保証部長と工場長
  3. イオンが示す「ポスト・コカコーラ」
  4. 75度1分では美味しくない
  5. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  6. Food Safety Day Japan 2013(3) 消費…
  7. Food Safety Day Japan 2013(最終回) …
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

ピックアップ記事

チューケーッ!

ノックで外野にボールを飛ばし、外野手が内野手にボールを投げ、受け取った内野手がそのボールを捕手に投げ…

監査員検定1級合格 竹内眞由美さん

日本科学技術連盟主催・運営によるマネジメントシステム監査員検定において、監査員検定1級に合格された竹…

アイソス3月号は米国特集

3月号のアイソスは米国特集です。ISO 9001:2015による監査を米国ではどのように考えているか…

キックオフ研修(東京/病院・医療編)

経済産業省「事業競争力強化モデル事業」をスタートするにあたり、参加メンバーによる同事業の目的の再認識…

「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ

月刊アイソス2011年4〜9月号に連載された『門岡淳の「不適合を生かす!」 なぜなぜ分析を一緒にやっ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP