食品安全MS

「PDCA」は頭でっかちな表現だ

20150310_shioda.jpg塩田智哉さん(写真)は、食の安心・安全をサポートするサービス会社であるイカリ消毒で、長年営業マンとして食品工場の異物混入対策に取り組んできた。その経験から、異物混入の多い現場には共通点があることに気づいた。それは、①現場の整理整頓が不十分、②ミスを想定したルール作りが不得意、③事故や問題の原因分析が不十分、④総合的な事故防止の仕組みづくりに至っていない、の4つ。①から④に至る流れは、現場の事象から仕組みの問題へと至る流れであり、根本的なアプローチは④に取り組むこと、すなわち食品安全マネジメントシステムを構築・運用しなければ根本的な解決はできない。そもそもISO 22000やFSSC 22000に取り組む意義もそこにある。

アイソス4月号から掲載が始まった塩田さんの連載「中小食品会社向け 食品安全のキホンのキ」は、このような出だしでスタートしている。食品安全の仕組みづくりを、ここまで分かりやすく、かつ現場経験に裏付けられた説得力を持って解説してくれた文章は、私は初めてである。

巷でよく使われる「PDCAサイクルを回す」という表現も、塩田さんに言わせると「現場の製造従事者に対してこの表現を連呼する人は、頭でっかちな印象を受けます」となる。塩田さんは、替わりに「ルールを守る、守らせる」という表現を使う。ルールを決め(Plan)、ルールを理解させて実行し(Do)、検証して(Check)、ルールを見直す(Act)という流れだ。そして、ルールと照合することで、管理の問題にアプローチしていく・・・

連載第2回は、ルール作りと文書化の問題を取り上げてくれるとのこと。こちらも楽しみだ。

関連記事

  1. 食品安全の二者監査の現状
  2. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  3. 2万トンの原料糖の山
  4. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  5. 品質保証部長と工場長
  6. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  7. Food Safety Day Japan 2013(10) 日…
  8. Vantage Point インセンティブ

ピックアップ記事

生き残るのはどっち?

イオンがLED電球のワゴンセールをやっていました。「1日5.5時間使用した場合、20年間使用でき…

「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム):2012が10月1日に発行された。すでにJQ…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

ISO MSSの共通要素の指針は7月に仮訳発表

規格関係者から「ISO Guide 83」として知られていた、ISOマネジメントシステム規格(ISO…

ISO Survey 2012-ISO 50001が前年比332%

ISOは10月24日付のニュースで2012年12月末時点での世界のISOマネジメントシステム認証件数…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP