食品安全MS

食品安全 ハードとソフトの使い分け

食品安全マネジメントシステムの構築・運用の際、どこまでハードで対応し、どこからはソフトで対応するか、その判断はむずかしいという。ある審査員が審査現場で次のようなことを感じたそうだ。

ある工場で、一般レベルの区域から、ワンランク上の清浄度レベルの部屋に作業者が移るとき、かならずアルコールで手を消毒しなければならないと決めていた。ソフト対応だけでやろうとして、手順を決め、作業者に周知させ、写真付きで手順が書かれたポスターを貼ったりして注意を喚起していた。ところが、これがきちんと守られているかどうかをハードを使わずにきちんと監視するのはむずかしい。社員の中から「どうも守っていない人がいる」という話が出てきた。こんな場合、アルコール消毒の手順を踏まないとワンランク上の部屋に移れないようにインターロックをかけるという手もある。これはさほど費用はかからない。コストと効果を考慮しながら、ソフトとハードの両方をうまく使って欲しいとのこと。

関連記事

  1. Food Safety Day Japan 2013(7) 日本…
  2. 【ISOS Review】PAS 220全shallにBCPハザ…
  3. 来年4月から自治体条例化でHACCP普及
  4. JAPAN FOOD SAFETY DAY 2012 速報(その…
  5. 農水省が考える食品安全MS規格
  6. Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行…
  7. 75度1分では美味しくない
  8. FSSC 22000の認定サービス始まる

ピックアップ記事

Amazonから日吉信晴・奥村朋子著『ISO/TS 16949に基づいた内部監査のあり方』発売

ISO/TS 16949審査員として活躍中であり、月刊誌アイソスの人気執筆者である日吉信晴・奥村朋子…

【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都

2011年4月の経営事項審査(経審)の審査基準改正により、ISO認証が審査項目として評価されるように…

第1回JABシンポ ISO 9001改訂に提案

日本適合性認定協会(JAB)主催による「第1回JABマネジメントシステムシンポジウム」が本日、東京・…

Food Safety Day Japan 2013(9) 日本のグローバル・マーケットWGからの報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

「7.5.5 製品の保存」

サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。「保存には、識別、取扱い、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP