統合MS

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

wakamatu007グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2014年6月の統合マネジメントシステム審査の導入を機会として、ISO 9001、ISO 14001の次期改正に採用される附属書SLをベースにした統合マネジメントシステムの構築を行っているが、その取り組みを同社マネジメントシステム室の若松裕己室長(写真)に特集記事として書いてもらった。記事のタイトルは「附属書SL(次期改正)対応 統合マネジメントシステム構築」で、主な内容は、①統合マネジメントシステムのあるべき姿、②附属書SLの解釈と具体的な対応方法、③統合マネジメントシステムの課題と今後の取り組み、について。本文18ページの大作で、豊富な図表も読者の参考になると思われる。掲載誌はアイソス11月号(10月10日発行)。

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. Roland DGを訪問
  2. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  3. 森本組の統合マネジメントシステム
  4. 石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング
  5. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

ピックアップ記事

【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略

制御機器・システムメーカーのIDECは、10数年前までは国際標準化活動を全く行っていなかった。そのた…

ケアと審査の共通点

ケアサービスの世界では、購買者と利用者が一致しない。例えば老人ホームにとっての購買者は家族である。家…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(最終回)

米 「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の最終回(6回目)です。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP