統合MS

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

wakamatu007グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2014年6月の統合マネジメントシステム審査の導入を機会として、ISO 9001、ISO 14001の次期改正に採用される附属書SLをベースにした統合マネジメントシステムの構築を行っているが、その取り組みを同社マネジメントシステム室の若松裕己室長(写真)に特集記事として書いてもらった。記事のタイトルは「附属書SL(次期改正)対応 統合マネジメントシステム構築」で、主な内容は、①統合マネジメントシステムのあるべき姿、②附属書SLの解釈と具体的な対応方法、③統合マネジメントシステムの課題と今後の取り組み、について。本文18ページの大作で、豊富な図表も読者の参考になると思われる。掲載誌はアイソス11月号(10月10日発行)。

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. 石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング
  2. 森本組の統合マネジメントシステム
  3. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  4. Roland DGを訪問
  5. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…

ピックアップ記事

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

正規審査員だけの審査機関もあります

審査機関の審査員には、プロパーの審査員(一般企業の正社員に相当)と契約審査員(契約社員等に相当)がい…

皆様 本年もお世話になりました!

アイソス日記読者の皆様。本年もお世話になりました。プライベートでは、今年は4つのことをや…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(2)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の2回目です。コンサートと…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5の解答

7月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答は、1「みな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP