統合MS

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

wakamatu007グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2014年6月の統合マネジメントシステム審査の導入を機会として、ISO 9001、ISO 14001の次期改正に採用される附属書SLをベースにした統合マネジメントシステムの構築を行っているが、その取り組みを同社マネジメントシステム室の若松裕己室長(写真)に特集記事として書いてもらった。記事のタイトルは「附属書SL(次期改正)対応 統合マネジメントシステム構築」で、主な内容は、①統合マネジメントシステムのあるべき姿、②附属書SLの解釈と具体的な対応方法、③統合マネジメントシステムの課題と今後の取り組み、について。本文18ページの大作で、豊富な図表も読者の参考になると思われる。掲載誌はアイソス11月号(10月10日発行)。

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  2. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  3. 石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング
  4. Roland DGを訪問
  5. 森本組の統合マネジメントシステム

ピックアップ記事

10周年を迎えた大島義貞さんの仕事

ISO 14001の審査受託を主業務とする株式会社大島マネジメントシステム研究所(本社・東京都)の設…

アクションプラン Part 2公表 期待される研修機関

日本適合性認定協会(JAB)は本日付で「MS信頼性ガイドラインに対するアクションプラン Part 2…

公務員適正検査

昨日、娘が通う高校で公務員試験に関する説明会が行われました。次の問題の話だけは、おもしろかったの…

FSSC 22000認証はすべてコカ・コーラだが……

FSSC 22000(Foundation for Food Safety Certificatio…

父の命日に

父が若い頃山行きの電車に乗って捕虫網の棹を入れたケースを持っているとよく相席の客から…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP