統合MS

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

wakamatu007グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2014年6月の統合マネジメントシステム審査の導入を機会として、ISO 9001、ISO 14001の次期改正に採用される附属書SLをベースにした統合マネジメントシステムの構築を行っているが、その取り組みを同社マネジメントシステム室の若松裕己室長(写真)に特集記事として書いてもらった。記事のタイトルは「附属書SL(次期改正)対応 統合マネジメントシステム構築」で、主な内容は、①統合マネジメントシステムのあるべき姿、②附属書SLの解釈と具体的な対応方法、③統合マネジメントシステムの課題と今後の取り組み、について。本文18ページの大作で、豊富な図表も読者の参考になると思われる。掲載誌はアイソス11月号(10月10日発行)。

▶アイソス11月号のご紹介

関連記事

  1. 石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング
  2. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  3. Roland DGを訪問
  4. 森本組の統合マネジメントシステム
  5. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…

ピックアップ記事

国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応

国土交通省自動車局長の武藤浩氏(写真)が、11月28日開催された同省主催の「運輸事業の安全に関するシ…

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

追悼出版 門岡淳著『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析を一緒にやってみよう!』

故・門岡淳(かどおか・あつし)さんの執筆記事を中心に編集した電子書籍『〈不適合を生かす〉なぜなぜ分析…

飯塚悦功プロジェクト 総目次

アイソス日記でアップしてきた飯塚悦功さんのビデオ「飯塚悦功プロジェクト」の目次を作成しました。簡易目…

今井義男さんの死を悼む

昨秋からメールで取材を申し込んでいたのですがご返事がなく、年末にもう一度メールを入れたのですが、やは…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP