統合MS

森本組の統合マネジメントシステム

morimoto老舗の中堅ゼネコン・森本組(大阪市)の統合マネジメントシステム(IMS)を取材。同社はISO 9001/14001の認証を取得後、この両方のマネジメントシステム(MS)を統合し、2011年にJQA独自のIMS認証を取得しています。

森本組は、中期経営計画のもと、年度計画を実施・検証・見直しする仕組みの根幹にIMSを据えています。毎月開催する経営会議がマネジメントレビューに相当し、その都度計画の進捗状況をチェック。毎年夏から秋にかけて行う内部監査では、品質・環境だけを監査するのでなく、J-SOX内部監査、安全パトロールも併せて実施しているそうです。

小寺徹郎氏・品質環境管理責任者(常務執行役員・建築本部長)にとって今後の課題は「PDCAのスピードをもっと速く!」。三谷憲司氏・ISO担当役員(常務執行役員・管理本部長)によると「IMS運用で大事なのはコミュニケーション!」。長田耕一氏・ISO事務局(CSR推進室長)曰く「IMSはCSRのツールだ!」。(写真:左から三谷氏、小寺氏、長田氏

(詳細はアイソス4月号)

関連記事

  1. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  2. 2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築
  3. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  4. 石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング
  5. Roland DGを訪問

ピックアップ記事

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プ…

あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?

昨日ブログに掲載した内容について、4人(仔豚さん、立花さん、俊ちゃん、え゛...iso??さん)の方…

OKI 有効性にこだわる監査

今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネ…

アイソス200号記念座談会開催

月刊アイソスは本年6月10日発行号で200号目を迎えます。200号記念特集の企画の1つとして、昨日午…

排出量検証を14001で

9月18に群馬県立産業技術センターで開催された群馬ISO機構主催による「第2回管理責任者フォーラム」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP