ISOS Review

【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統一管理し認証も一本化

tdktougouTDKグループの安全・環境活動は現在、世界を5つのエリア(日本、中国、アメリカ、アジア、欧州)に分け、それぞれにセンター機能を置き、マルチサイト方式でEMS/OHSMSを運用し始めており、2012年度中に基本体制を完成させる。すでに日本と中国地区は共通マニュアルで運用され、統合EMS/OHSMS内部監査が実施されている。

この基本体制が整うと、世界21カ国にある76の生産拠点がTDKグループの統一した環境方針、安全衛生方針による共通目標のもとに運用されることになる。この後に予定されているのは、認証の世界一本化である。ISO 14001とOHSAS 18001の認証を、それぞれ1つの認証機関による1本の認証にまとめる。第三者の視点でTDKグループの全世界のサイトを見てもらい、各サイトのレベルやシステム上の弱点などを評価してもらうことがねらい。

(写真は今回の取材に対応いただいた方々〈前列左から高田進氏、井川正敏氏、後列左から藤田健司氏、森下裕一氏〉、詳細はアイソス7月号に掲載)

関連記事

  1. Roland DGを訪問
  2. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  3. 2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築
  4. アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売
  5. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  6. 【ISOS Review】 新経審施行後の国交省と東京都
  7. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  8. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略

ピックアップ記事

ミラーブロック

先日までオリンピックのバレーボール最終予選の試合を女子・男子の順にずっとテレビ観戦してきました。試合…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

JMA主催のISO大会初日

日本能率協会主催の「第1回 ISOマネジメント成果事例発表大会」が1月28日より3日間、東京のベルサ…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP