マネジメントシステム運用

  1. ANAの運航リスクマネジメント

    ANAグループの運航リスクマネジメントについて、全日本空輸・安全推進センター安全推進部安全マネジメントチーム主席部員の大石多聞氏(写真)が、11月28日開催された国交省主催の「運輸事業の安全に関するシンポジウム2012」で講演を行った。その…

  2. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査基準に採用

    メトログループの日本法人・メトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパンは登録制卸として、国内外のサ…

  3. 京急バスの車内人身事故対策

    11月28日に開催された国交省主催「運輸事業の安全に関するシンポジウム 2012」を取材した。国交省…

  4. 食品安全の二者監査の現状

    企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品…

  5. 日本の食品産業の危機的状況

    先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

  6. 国の評価は10年以上かかる

  7. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

  8. 75度1分では美味しくない

  9. Vantage Point インセンティブ

  10. ヒヤリ・ハットには2種類あって

  11. なんでもない天気の日に事故が起きています

内部監査

  1. ミラー監査

ピックアップ記事

陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ

ISO 9000の認証数では世界2位で、いまだ急成長を続けるイタリア。こんな元気な国なら、何かおもし…

第2回事業競争力WG傍聴記(1) マネジメントシステムの位置づけ

経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局となって作業が進められている「事業競争力ワーキンググルー…

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補…

オススメ記事

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アクセスの多い記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

PAGE TOP