品質MS

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント特集です。もちろんISO 9001:2015対応です。前半は、施工現場で2015年版に対応したQMSをいかに運営していくか、その仕組みと運用のポイントを解説しています。本特集に出て来る用語はすべて施工現場で使われている言葉です。「品質方針」ではなく「施工方針」です。「パフォーマンス評価」ではなく「施工実績の評価」です。「内部監査」ではなく「社内検査」です。後半は、「施工品質マニュアル」を全文掲載しています。「全文」というのは、2015年版の規格要求事項すべてに対応しているという意味です。このマニュアルは、巷に出回っているような規格を裏返したような言葉で書かれたものではなく、まさに現場で施工品質を維持・改善するために役立つ実践的な内容となっています。執筆者はISO規格を経営改革に翻訳する中小企業診断士・竹田将文さんです。一度ぜひご覧ください。

関連記事

  1. 新経審施行後のCAの行方
  2. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  3. はてな的「作業環境」
  4. 久米均さんのISO観(1)
  5. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  6. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  7. 久米均さんのISO観(4)
  8. やり方を変えて面白くする

ピックアップ記事

チューケーッ!

ノックで外野にボールを飛ばし、外野手が内野手にボールを投げ、受け取った内野手がそのボールを捕手に投げ…

皆様 本年もお世話になりました!

アイソス日記読者の皆様。本年もお世話になりました。プライベートでは、今年は4つのことをや…

カーボンフットプリント制度説明会速報

9月14日午後、産業環境管理協会(産環協)主催による「カーボンフットプリント(CFP)制度説明会」が…

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001…

【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

あらゆるISOマネジメントシステム規格の共通基準となるISO Guide 83について、経済産業省産…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP