品質MS

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント特集です。もちろんISO 9001:2015対応です。前半は、施工現場で2015年版に対応したQMSをいかに運営していくか、その仕組みと運用のポイントを解説しています。本特集に出て来る用語はすべて施工現場で使われている言葉です。「品質方針」ではなく「施工方針」です。「パフォーマンス評価」ではなく「施工実績の評価」です。「内部監査」ではなく「社内検査」です。後半は、「施工品質マニュアル」を全文掲載しています。「全文」というのは、2015年版の規格要求事項すべてに対応しているという意味です。このマニュアルは、巷に出回っているような規格を裏返したような言葉で書かれたものではなく、まさに現場で施工品質を維持・改善するために役立つ実践的な内容となっています。執筆者はISO規格を経営改革に翻訳する中小企業診断士・竹田将文さんです。一度ぜひご覧ください。

関連記事

  1. リコーの先読みQMS
  2. 学校サバイバル9000
  3. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  4. 品質方針は「予防」
  5. 久米均さんのISO観(3)
  6. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  7. ISOの修羅場
  8. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…

ピックアップ記事

銭湯の効用

自宅の給湯器が壊れました。急遽、家族全員、車で銭湯に。夜遅く、閉店前に滑り込んだので、…

ご近所さん

当社事務所はペンシルビルの5階にあります。この時期、まだ冷房は入りません。窓を開け、扇風機を…

速報 QMS/EMS認証件数(2010.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月3日付のプレスリリースで、2010 年12月末時点での国内…

ISO 50001のモデル図

エネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001の規格作成作業は、現在CD(委員会原…

ISO 9004の成熟度モデル

ISO 9004の発行が少し遅れそうな雰囲気だ。本日、群馬県での会合に出席した福丸典芳氏(ISO/T…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP