品質MS

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという話を聞きました。

事務機器をある顧客に収めるとします。その顧客が印刷会社であった場合は、A社が納入した事務機器を使って印刷した印刷物を提供する顧客を持っています。それをA社では「カスタマーズ・カスタマー」と呼んでいます。

A社は納品先の顧客ニーズを調べる活動はもちろんしています。ただ、それだけなく、カスタマーズ・カスタマーにも開発や営業が直接足を運び、調査を行っています。例えば、カスタマーズ・カスタマーから、「もっとこんな印刷サービスを提供していただけると助かるのだが」という声を聞いたすると、それを印刷会社に伝えます。すると、印刷会社からは「そのサービスを充実させるには、事務機器にもこんな機能が欲しい」という話が出てくるかもしれません。

B to Cの商売も、既存のCをBとして捉え、B to B to C の商売にすれば商機も広がるということでしょう。

関連記事

  1. プロセスアプローチに関する3つの問題
  2. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  3. 学校サバイバル9000
  4. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  5. 久米均さんのISO観(1)
  6. ISOの修羅場
  7. 京都で目的逸脱の幸運
  8. リコーの先読みQMS

ピックアップ記事

【ISOS Review】 Ellenの物語

若い女性を対象に古着を販売するブランド「Over the Rainbow」をプロデュースしているSo…

次期ISO 9001規格の最新動向 その3

引き続き、ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏による講演「次期ISO 9001規格に…

審査アンケートの今昔

私は以前から、審査機関が受審組織にお願いして書いてもらう「アンケート」なるものに不信を抱いていた。こ…

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

Vantage Point お嬢の挑発

虚構の世界は、ずっと「継続的改善」をリアルに対し訴えてきた。だが、なぜ、リアルは「継続的衰退」をして…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP