品質MS

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという話を聞きました。

事務機器をある顧客に収めるとします。その顧客が印刷会社であった場合は、A社が納入した事務機器を使って印刷した印刷物を提供する顧客を持っています。それをA社では「カスタマーズ・カスタマー」と呼んでいます。

A社は納品先の顧客ニーズを調べる活動はもちろんしています。ただ、それだけなく、カスタマーズ・カスタマーにも開発や営業が直接足を運び、調査を行っています。例えば、カスタマーズ・カスタマーから、「もっとこんな印刷サービスを提供していただけると助かるのだが」という声を聞いたすると、それを印刷会社に伝えます。すると、印刷会社からは「そのサービスを充実させるには、事務機器にもこんな機能が欲しい」という話が出てくるかもしれません。

B to Cの商売も、既存のCをBとして捉え、B to B to C の商売にすれば商機も広がるということでしょう。

関連記事

  1. 仕入れ値をオープンにする
  2. 京都で目的逸脱の幸運
  3. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  4. 久米均さんのISO観(1)
  5. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  6. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  7. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  8. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…

ピックアップ記事

アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

11月17日に開催された超ISO企業研究会(飯塚悦功会長、事務局:テクノファ)の会合に参加し、同会が…

久米均さんのISO観(4)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載最終回(第4回)。今回は、顧客に…

至福の連鎖

JR三国ヶ丘駅(大阪)で乗り換えました。甘い物屋さんの匂いが構内に漂っております。「天徳」と…

Food Safety Day Japan 2013(1) GFSI理事長のスピーチ

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

中産連がVDA6.3監査員コース開始

VDA-QMC(ISO/TS 16949の審査登録業務の監視を行うドイツの監督機関)から承認されてい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP