品質MS

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという話を聞きました。

事務機器をある顧客に収めるとします。その顧客が印刷会社であった場合は、A社が納入した事務機器を使って印刷した印刷物を提供する顧客を持っています。それをA社では「カスタマーズ・カスタマー」と呼んでいます。

A社は納品先の顧客ニーズを調べる活動はもちろんしています。ただ、それだけなく、カスタマーズ・カスタマーにも開発や営業が直接足を運び、調査を行っています。例えば、カスタマーズ・カスタマーから、「もっとこんな印刷サービスを提供していただけると助かるのだが」という声を聞いたすると、それを印刷会社に伝えます。すると、印刷会社からは「そのサービスを充実させるには、事務機器にもこんな機能が欲しい」という話が出てくるかもしれません。

B to Cの商売も、既存のCをBとして捉え、B to B to C の商売にすれば商機も広がるということでしょう。

関連記事

  1. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  2. 品質方針は「予防」
  3. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  4. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  5. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  6. 久米均さんのISO観(1)
  7. プロセスアプローチに関する3つの問題
  8. 新経審施行後のCAの行方

ピックアップ記事

「JAB適合(国内)>全認証??」

5月29日に掲載された「速報 QMS/EMS認証件数(09/03)」について、道友さんからのコメント…

コピー記事に続きはない!

「あのー、アイソスの読者なんですけど、8月号の46ページに『認証件数一覧』ってタイトルの記事が載って…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答

5月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、3…

アミタの取材を受ける

先日、廃棄物管理ソリューションと環境マーケティング支援を主事業とされているアミタエコブレーンという会…

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP