品質MS

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという話を聞きました。

事務機器をある顧客に収めるとします。その顧客が印刷会社であった場合は、A社が納入した事務機器を使って印刷した印刷物を提供する顧客を持っています。それをA社では「カスタマーズ・カスタマー」と呼んでいます。

A社は納品先の顧客ニーズを調べる活動はもちろんしています。ただ、それだけなく、カスタマーズ・カスタマーにも開発や営業が直接足を運び、調査を行っています。例えば、カスタマーズ・カスタマーから、「もっとこんな印刷サービスを提供していただけると助かるのだが」という声を聞いたすると、それを印刷会社に伝えます。すると、印刷会社からは「そのサービスを充実させるには、事務機器にもこんな機能が欲しい」という話が出てくるかもしれません。

B to Cの商売も、既存のCをBとして捉え、B to B to C の商売にすれば商機も広がるということでしょう。

関連記事

  1. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  2. やり方を変えて面白くする
  3. 学校サバイバル9000
  4. 久米均さんのISO観(3)
  5. はてな的「作業環境」
  6. 施工品質マニュアルを全文掲載
  7. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  8. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

ピックアップ記事

ISO推進者会議 濱口哲也氏特別講演

ISO推進者会議(略称:IPC)は10月21日に設立10周年を記念して「10周年記念大会」を開催した…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」

飯塚悦功プロジェクト第8弾の映像を掲載します。タイトルは「設計の不具合は、ほぼ予測できる」で…

JAB井口さんは本気だ

9月26日、大阪で開催されたJRCA(日本規格協会マネジメントシステム審査員評価登録センター)登録審…

ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴

10月16日、東京で第25回ISO/SR国内委員会が開催されたので傍聴に行った。同会はISOで現在D…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP