品質MS

「顧客の顧客」の声を聞く

ある事務機器メーカー・A社を取材した時に、顧客ニーズを探るために「先読み」という活動をしているという話を聞きました。

事務機器をある顧客に収めるとします。その顧客が印刷会社であった場合は、A社が納入した事務機器を使って印刷した印刷物を提供する顧客を持っています。それをA社では「カスタマーズ・カスタマー」と呼んでいます。

A社は納品先の顧客ニーズを調べる活動はもちろんしています。ただ、それだけなく、カスタマーズ・カスタマーにも開発や営業が直接足を運び、調査を行っています。例えば、カスタマーズ・カスタマーから、「もっとこんな印刷サービスを提供していただけると助かるのだが」という声を聞いたすると、それを印刷会社に伝えます。すると、印刷会社からは「そのサービスを充実させるには、事務機器にもこんな機能が欲しい」という話が出てくるかもしれません。

B to Cの商売も、既存のCをBとして捉え、B to B to C の商売にすれば商機も広がるということでしょう。

関連記事

  1. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  2. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  3. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  4. 久米均さんのISO観(2)
  5. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  6. リコーの先読みQMS
  7. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  8. 供給者満足は顧客への好悪に関係する

ピックアップ記事

教育QMS

米国の標準化団体であるANSIがISOに教育組織向けのQMSを、2月の最後の週に東京で開催されたIS…

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感…

お母さんのあとがいいんだって

トイレットペーパーの先が三角に折ってあるし臭くなくて逆にいい香りがしてるし浴槽の湯にゴミ…

MS認証懇 認証組織情報の自主公開プログラム開始

ISOマネジメントシステム(MS)認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成されるMS認証懇談会は、…

密室の旅芸人さんへ

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP