品質MS

飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

iizuka_isos1.jpgJIS Q 9005:2014(品質マネジメントシステム- 持続的成功の指針)が12月22日に発行される予定だが、これに先駆けて飯塚悦功氏(写真:JIS Q 9005原案作成委員会委員長、東京大学名誉教授)によるJIS Q 9005:2014改正版に関する連載講座がアイソス1月号(12月10日発行)からスタートする。

この改正版は、2005年12月に発行されたJIS Q 9005(質マネジメントシステム – 持続可能な成長の指針)とJIS Q 9006(質マネジメントシステム - 自己評価の指針)を1つの規格としてまとめて発行されるもので、現行の9006に相当する内容は、9005の附属書として統合される。

今回の連載講座ではJIS Q 9005:2014について、改正経緯、9005の概要、各箇条及び附属書の詳細解説、活用のヒントなどを6回にわたって掲載する。

関連記事

  1. 仕入れ値をオープンにする
  2. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  3. 学校サバイバル9000
  4. 久米均さんのISO観(1)
  5. 久米均さんのISO観(2)
  6. 品質方針は「予防」
  7. 「顧客の顧客」の声を聞く
  8. ISOの修羅場

ピックアップ記事

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

Vantage Point 固有技術の問題

「世の中の不具合問題は、固有技術の問題だ」ISOマネジメントシステム関係者の間で「最近起こっ…

水張りの日 part2

千葉県茂原市六ツ野の近所の田んぼ 午前5時52分にiPhoneで撮影…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.9)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は10月31日付のプレスリリースで、2012年9月末時点での国内…

飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」

飯塚悦功プロジェクト第8弾の映像を掲載します。タイトルは「設計の不具合は、ほぼ予測できる」で…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP