品質MS

北原脳神経外科病院のQMS

先日、東京都八王子市にある北原脳神経外科病院のQMSを取材してきました。病院ではまだ珍しいセクションである「品質管理部」に3名の品質管理担当者がいて、毎日院内のどこかの施設を巡回し、環境整備、物品管理、書類管理などがきちんとできているかをチェックしています。巡回報告はその日のうちに被監査部署の所属長にメールでフィードバック。指摘事項については、すぐに処置できるところは即対応していただき、遅くとも次の巡回がある2週間後までは対応してもらうそうです。ただ、中には改善に時間がかかる問題もあって、そんな時は、抜本的な方法改善やシステムの見直しなどに取り組みます。新人研修のプログラムの中にも、この施設巡回が組み込まれています。

内部監査員研修では、規格解説のような従来の堅苦しい内容から、より実践的なものに変えたそうです。その1つが内部監査員向けの講習会。是正処置報告書の書き方を指導する際、もう一息の事例と良い事例の両方を示し、書き方のポイントをつかんでもらった上で、事例問題の宿題を出し、2週間後に提出してもらって、その添削を行うという方法を取り入れました。また、イントラネット上に、患者様の声を掲載して、院内にどんな問題点や課題があるかを明らかにし、それを監査の質問項目作成の資料にしてもらっています。

6026-100720kitahara.jpg北原脳神経外科病院は、1995年に設立されたときは41床の規模でしたが、今は110床になり、外来受診数や職員数も増え、大きく発展しています。ところが、規模が大きくなると、従来のようにトップの意思決定が末端まで伝わりにくくなります。そこで経営ツールとして導入したのがISO 9001でした(2004年6月認証取得)。取材内容の詳細はアイソス9月号(8月10日発行)をご覧ください。
(写真は北原脳神経外科病院の経営企画室室長・福池千尋さん〈左〉と同院品質管理責任者の中山美穂子さん)

関連記事

  1. やり方を変えて面白くする
  2. 品質方針は「予防」
  3. リコーの先読みQMS
  4. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  5. 久米均さんのISO観(2)
  6. 久米均さんのISO観(4)
  7. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  8. 新経審施行後のCAの行方

ピックアップ記事

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

今井義男さんの死を悼む

昨秋からメールで取材を申し込んでいたのですがご返事がなく、年末にもう一度メールを入れたのですが、やは…

「新しい雑誌ビジネスを探る」 嶋浩一郎氏のプレゼン

東京ビックサイトで7月10日に開催された東京国際ブックフェア専門セミナーの目玉「新しい雑誌ビジネスを…

JIS Q 50001:2011 本日制定

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム/英文標題:Energy management s…

ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート

ISO 14001は、昨年11月のISO/TC207の会合において、全員賛成のもとで次期改訂作業に入…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP