品質MS

山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」

アイソス2018年3月号の特集山上裕司氏執筆による「学習するマネジメントシステム」です。ISO9001の2015年版への移行期限も残すところ半年。2015年版に関する巷の解説も言い尽くされているかと思いきや、大事なところがぽっかりと抜けており、それを鋭く指摘したのが今回の特集記事です。それは、規格の自由度は上がったのに、組織が自由に考えていないことです。従来通りに与えられた材料で組織のマネジメントシステムを運用していこうという姿勢が強く、自主的にQMSを設計していこうという組織がまだまだ少ないのではないでしょうか。そこで「学習」という言葉が出てきます。組織で働く人々が、外からの視点を取り入れ、それを行動に移しながら学習していくという仕組み、すわなち「学習するマネジメントシステム」こそ、2015年版への移行を機に、組織に求められていることではないでしょうか。本特集では、今でも大きな説得力を持つデミング博士の教えとツールを紹介しながら、学習するマネジメントシステムの手法と実際のワークショップ事例が披露されています。

関連記事

  1. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  2. やり方を変えて面白くする
  3. ISOの修羅場
  4. リコーの先読みQMS
  5. 「顧客の顧客」の声を聞く
  6. 久米均さんのISO観(3)
  7. 久米均さんのISO観(4)
  8. はてな的「作業環境」

ピックアップ記事

Vantage Point オープンソース

ISO 50001 should not been considered first on cert…

中尾元子 82年史 その3

母は1961年からほぼ独学で洋画(油絵)を描き始めましたが、1967年に日本画に転向しました。日本画…

エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)

出張外泊を伝えると妻子の顔が曇る寂しいからではない浮気が心配なわけでもない朝が心配な…

Food Safety Day Japan 2013(1) GFSI理事長のスピーチ

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

Vantage Point デミング賞

「ちょっと言い過ぎだと思う」2000年11月、日科技連は「第71回品質管理シンポジウム」を箱…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP