品質MS

山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」

アイソス2018年3月号の特集山上裕司氏執筆による「学習するマネジメントシステム」です。ISO9001の2015年版への移行期限も残すところ半年。2015年版に関する巷の解説も言い尽くされているかと思いきや、大事なところがぽっかりと抜けており、それを鋭く指摘したのが今回の特集記事です。それは、規格の自由度は上がったのに、組織が自由に考えていないことです。従来通りに与えられた材料で組織のマネジメントシステムを運用していこうという姿勢が強く、自主的にQMSを設計していこうという組織がまだまだ少ないのではないでしょうか。そこで「学習」という言葉が出てきます。組織で働く人々が、外からの視点を取り入れ、それを行動に移しながら学習していくという仕組み、すわなち「学習するマネジメントシステム」こそ、2015年版への移行を機に、組織に求められていることではないでしょうか。本特集では、今でも大きな説得力を持つデミング博士の教えとツールを紹介しながら、学習するマネジメントシステムの手法と実際のワークショップ事例が披露されています。

関連記事

  1. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  2. 品質方針は「予防」
  3. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  4. はてな的「作業環境」
  5. 京都で目的逸脱の幸運
  6. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  7. ISOの修羅場
  8. プロセスアプローチに関する3つの問題

ピックアップ記事

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

Audit

群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催

群馬ISO機構(事務局:CRI中央総研)主催の「ISO管理管理責任者フォーラム」が9月26日13:3…

妻のDecision Tree

FSMS審査員:最も管理レベルが低いのは?妻:夫です。長時間放置しておくと腐ってしまい、どこ…

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP