品質MS

山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」

アイソス2018年3月号の特集山上裕司氏執筆による「学習するマネジメントシステム」です。ISO9001の2015年版への移行期限も残すところ半年。2015年版に関する巷の解説も言い尽くされているかと思いきや、大事なところがぽっかりと抜けており、それを鋭く指摘したのが今回の特集記事です。それは、規格の自由度は上がったのに、組織が自由に考えていないことです。従来通りに与えられた材料で組織のマネジメントシステムを運用していこうという姿勢が強く、自主的にQMSを設計していこうという組織がまだまだ少ないのではないでしょうか。そこで「学習」という言葉が出てきます。組織で働く人々が、外からの視点を取り入れ、それを行動に移しながら学習していくという仕組み、すわなち「学習するマネジメントシステム」こそ、2015年版への移行を機に、組織に求められていることではないでしょうか。本特集では、今でも大きな説得力を持つデミング博士の教えとツールを紹介しながら、学習するマネジメントシステムの手法と実際のワークショップ事例が披露されています。

関連記事

  1. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  2. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  3. 施工品質マニュアルを全文掲載
  4. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  5. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  6. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  7. ISOの修羅場
  8. 久米均さんのISO観(4)

ピックアップ記事

日産自動車のSSM

本日、日産自動車のパワートレイン開発本部を訪問し、SSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用する…

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補…

審査員70歳定年の敢行

「そろそろ人生を整理したいと思いまして・・・」という切り出しで、アイソス読者から電話がかかってきた。…

アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

アイソス編集部が取材した統合マネジメントシステムを運用する組織の中から、エクセレントな取り組みを展開…

目標未達なのに是正しない=不適合?

「目標未達」だからといって、ISO審査で「不適合」を受けることはない。「パフォーマンス審査ではな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP