Kindle

中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発売

matsuo_cover.jpg校正専門企業・エヌケイエス株式会社の社長であり、約20年間、自社でQM戦略メソッドを展開実践してきた松尾茂樹氏執筆による電子書籍『ISOで企業トップがやるべきこと 〜経営者が語るQMSにおけるトップ業務〜』(発行:システム規格社)が本日、Amazonサイトから発売されました。価格は500円(税込み)です。

本書は、中堅企業社長自ら執筆した、トップによるトップのための品質マネジメント(QM)の戦略本です。ここには、日々、収益と組織運用の効率の悪さに苦しむ企業経営者、とりわけ中小企業のトップに向けて、筆者が「QM戦略メソッド」と呼んでいる、現実的で具体的な発想と実践的な方法論が書かれています。本書の大きな特長は、トップにしかできない「トップ業務」を詳細に提示していることで、具体的には、ドメインの確立、仕事のルール化、武器として使えるドキュメントの作成・運用、仕事の力量設定などが、実物の計画表・管理表・手順書・評価基準表・評価表などを使って、分かりやすく解説されています。これらすべてがトップの目線で仕組み化されているところが本書の重要なポイントと言えるでしょう。

これまでQMSを上手く社内で生かせてこなかったが、何とか経営に役立てたいと渇望する企業トップの方々に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

本書の目次です。
第1章 光が見えた! 〜ISO認証前後の私と会社の様子〜
第2章 なぜISOが多くの企業で機能していないのか
第3章 見過ごされている「経営する意思」と「トップ業務」
第4章 「QM戦略メソッド」で仕事推進の仕組みを構築する
第5章 「武器」としてのドキュメント
第6章 力量の定義と評価方法

matuso_face.jpg著者(写真)執筆のプロフィールとユニークな審査機関歴は下記の通りです。

1947年 名古屋生まれ
1970年 慶応義塾大学 商学部卒業、佐藤芳雄研究会、専攻「中小企業論」
1973年 父の経営するNKS社(65年創業)に入社、社業は計測機器の販売・修理・メンテナンス業
1987年 社長に就任 計器のメンテナンス業務、陰り始める
1992年 「社長の仕事を考えさせる」事故にあう、業種転換を模索
1994年 業績低迷の中、ISOの勉強始める
1996年 ISO 9002認証取得 のちに9001に移行
1998年 業種転換 認証範囲を変更=検査・校正業務に
2001年 事業所長職を廃止、フラットな運営を志向
2002年 ドキュメントの重要性認識
2003年 力量を設定
2004頃 内部監査の外部委託、バリデーション支援業務開始
2006年 社員のモチベーションアップ策展開
2013年 社内改革過程を「QM戦略メソッド」として確立
現在に至る

【審査機関歴】
今まで2社ほどJAB登録の審査機関を経験。途中より「自己認証」宣言をしたくて最初の審査機関から変わったが、自己認証を規定したISO規格とは別の、その機関独自のルールを押し付けられ、ビジネス先行姿勢に嫌気がして、現在は3社目の非JAB系の審査機関を使っている。一時、QMSの追求を前提として、会社はISOの認証システムから外れたいと社員に言ったところ、お客様に説明に困るから、現状のままシステム内に留まって欲しいと言われ、現在に至っている。

関連記事

  1. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  2. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  4. 久米均さんのISO観(1)
  5. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  6. 品質方針は「予防」
  7. Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』…
  8. 仕入れ値をオープンにする

ピックアップ記事

松本隆さんの連載で学ぶTQM

実は、アイソス読者が「この記事は素晴らしい」と言って、おたよりをくれることは、非常に稀です。その稀な…

iPhoneサイト作成

ブログ「アイソス日記」のiPhoneサイトを作成しました。http://yusakunakao.…

活字に残しておくべきこと

年明けに発行するアイソス2月号の割付作業を、先週から進めています。いまちょうど、平林良人さん…

次期ISO 9001規格の最新動向 その1

2012年12月27日、ISO研修機関・テクノファ(平林良人社長、本社・神奈川県川崎市)主催による「…

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP