品質MS

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加しているはずです。だったら、それがマネジメントレビュー(MR)じゃないですか」

コンサルタントや認証機関の方が、プレゼンや記事で上記のような発言をするのを、よく見聞きすることがあります。今では、別に目新しいアイデアではありません。ただ、私にとって、そういったことが社内で議論されている企業に巡り会ったのは、今回が初めてでした。

その会社では毎月、品質に関する検討会が開催され、経営者も出席し、その都度問題点が洗い出され、経営者から指示が出ます。「だったら、毎月の検討会をMRにすればいいじゃないか。何も別個にMRを開催する必要はないだろう」という意見がある部署から挙がってきたそうです。それに対して事務局側は次のように説明しています。

「当社は毎月、品質に関する会議を行い、経営者はその都度このようにしなさいという指示を出していますが、自分が出した指示をずっと覚えているわけではありません。これは微分的な会議であって、毎月の会議を集約する積分的な会議は、やはり必要なのです。それがMRというイベントです。そこでは、一定期間を経た会議結果の評価、見直しが行われますし、社長監査や内部監査の結果もインプットされることで、次期経営計画のベースが作成されています」

関連記事

  1. はてな的「作業環境」
  2. 北原脳神経外科病院のQMS
  3. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  4. 品質方針は「予防」
  5. プロセスアプローチに関する3つの問題
  6. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  7. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  8. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」

ピックアップ記事

アイソスが品質経営実践ツールを導入するぞ!

11月17日に開催された超ISO企業研究会(飯塚悦功会長、事務局:テクノファ)の会合に参加し、同会が…

ミラー監査

社長:「うちの内部監査なんですが、もういい加減にして欲しいですね」審査員:「どうされたのです…

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

【震災寄稿 No.4】 震災に関して思いをあらたにしたこと

地震対策を勉強してこられた方からの投稿です。某自動車部品メーカーから学んだことが報告されています…

ハゲに現行の散髪代は高すぎる

私は後頭部が大きくハゲている。それでも、スソの髪が伸びて耳の上にかぶさってくると、床屋に行かなければ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP