品質MS

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加しているはずです。だったら、それがマネジメントレビュー(MR)じゃないですか」

コンサルタントや認証機関の方が、プレゼンや記事で上記のような発言をするのを、よく見聞きすることがあります。今では、別に目新しいアイデアではありません。ただ、私にとって、そういったことが社内で議論されている企業に巡り会ったのは、今回が初めてでした。

その会社では毎月、品質に関する検討会が開催され、経営者も出席し、その都度問題点が洗い出され、経営者から指示が出ます。「だったら、毎月の検討会をMRにすればいいじゃないか。何も別個にMRを開催する必要はないだろう」という意見がある部署から挙がってきたそうです。それに対して事務局側は次のように説明しています。

「当社は毎月、品質に関する会議を行い、経営者はその都度このようにしなさいという指示を出していますが、自分が出した指示をずっと覚えているわけではありません。これは微分的な会議であって、毎月の会議を集約する積分的な会議は、やはり必要なのです。それがMRというイベントです。そこでは、一定期間を経た会議結果の評価、見直しが行われますし、社長監査や内部監査の結果もインプットされることで、次期経営計画のベースが作成されています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 品質方針は「予防」
  2. やり方を変えて面白くする
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  4. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  5. 久米均さんのISO観(4)
  6. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  7. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  8. 久米均さんのISO観(3)

ピックアップ記事

高校生の娘、宿題で「こころ」を読み始める

「その時私はまだ書生であった。暑中休暇を利用して海水浴に・・・」書生って、何だろう。海水浴っ…

【環境編】JAB適合認証数はこの1年で減少

昨日の【品質編】に続き、本日は【環境編】。この1年間の認証組織数を見ると、ISO 14001はISO…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

アイソス特選 統合MS事例集をAmazonから発売

アイソス編集部が取材した統合マネジメントシステムを運用する組織の中から、エクセレントな取り組みを展開…

環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP