品質MS

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加しているはずです。だったら、それがマネジメントレビュー(MR)じゃないですか」

コンサルタントや認証機関の方が、プレゼンや記事で上記のような発言をするのを、よく見聞きすることがあります。今では、別に目新しいアイデアではありません。ただ、私にとって、そういったことが社内で議論されている企業に巡り会ったのは、今回が初めてでした。

その会社では毎月、品質に関する検討会が開催され、経営者も出席し、その都度問題点が洗い出され、経営者から指示が出ます。「だったら、毎月の検討会をMRにすればいいじゃないか。何も別個にMRを開催する必要はないだろう」という意見がある部署から挙がってきたそうです。それに対して事務局側は次のように説明しています。

「当社は毎月、品質に関する会議を行い、経営者はその都度このようにしなさいという指示を出していますが、自分が出した指示をずっと覚えているわけではありません。これは微分的な会議であって、毎月の会議を集約する積分的な会議は、やはり必要なのです。それがMRというイベントです。そこでは、一定期間を経た会議結果の評価、見直しが行われますし、社長監査や内部監査の結果もインプットされることで、次期経営計画のベースが作成されています」

関連記事

  1. 「顧客の顧客」の声を聞く
  2. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  3. 新経審施行後のCAの行方
  4. ISOの修羅場
  5. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  6. 京都で目的逸脱の幸運
  7. 久米均さんのISO観(1)
  8. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

ピックアップ記事

Vantage Point 1996年3月6日

「各業界のトップ企業がまずISO 14001を取ろうということになって、じゃあ、うち(新日本製鐵名古…

Amazonから吉村伸治著「TS16949 ここだけのおはなし」発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍『TS 16949 ここだけのおはなし…… 〜「なぞなぞ分…

「6.4 作業環境」

デパート向けの弁当を作っている会社を、夜に訪問しました。現場の作業者は、昼間は女性がほとんどです…

目標未達なのに是正しない=不適合?

「目標未達」だからといって、ISO審査で「不適合」を受けることはない。「パフォーマンス審査ではな…

ISO 50001とISO 14001との相違点(1)

ISO 50001とISO 14001との主要相違点についてまとめてみた。編集内容は、ISO 500…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP