品質MS

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加しているはずです。だったら、それがマネジメントレビュー(MR)じゃないですか」

コンサルタントや認証機関の方が、プレゼンや記事で上記のような発言をするのを、よく見聞きすることがあります。今では、別に目新しいアイデアではありません。ただ、私にとって、そういったことが社内で議論されている企業に巡り会ったのは、今回が初めてでした。

その会社では毎月、品質に関する検討会が開催され、経営者も出席し、その都度問題点が洗い出され、経営者から指示が出ます。「だったら、毎月の検討会をMRにすればいいじゃないか。何も別個にMRを開催する必要はないだろう」という意見がある部署から挙がってきたそうです。それに対して事務局側は次のように説明しています。

「当社は毎月、品質に関する会議を行い、経営者はその都度このようにしなさいという指示を出していますが、自分が出した指示をずっと覚えているわけではありません。これは微分的な会議であって、毎月の会議を集約する積分的な会議は、やはり必要なのです。それがMRというイベントです。そこでは、一定期間を経た会議結果の評価、見直しが行われますし、社長監査や内部監査の結果もインプットされることで、次期経営計画のベースが作成されています」

関連記事

  1. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  2. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  3. 施工品質マニュアルを全文掲載
  4. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  5. 「顧客の顧客」の声を聞く
  6. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  7. プロセスアプローチに関する3つの問題
  8. やり方を変えて面白くする

ピックアップ記事

インフルエンザ対策の知恵

数年前、日本の多くの会社がインフルエンザ対策を講じました。インフルエンザで社員が会社を休んでも、別の…

やり方を変えて面白くする

福島県いわき市に本社がある古河電子は、ISO 9001が2008年版に改訂されたのを機に、いわき工場…

ドンの引退

ISOマネジメントシステム業界のドン・西谷徳治さんが引退した。審査機関・日本検査キューエイ株…

堀池の僧正

子どもたちがご近所を語るとき、よく犬が代名詞として使われています。「カルテットさん」(4匹の…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答

前日掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、重要な順に2>1>3です…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP