品質MS

毎月の品質会議をMRにすればいい?

「モノづくりの会社であるなら、たいてい毎月品質会議を開いておられるでしょう。そこには経営者も参加しているはずです。だったら、それがマネジメントレビュー(MR)じゃないですか」

コンサルタントや認証機関の方が、プレゼンや記事で上記のような発言をするのを、よく見聞きすることがあります。今では、別に目新しいアイデアではありません。ただ、私にとって、そういったことが社内で議論されている企業に巡り会ったのは、今回が初めてでした。

その会社では毎月、品質に関する検討会が開催され、経営者も出席し、その都度問題点が洗い出され、経営者から指示が出ます。「だったら、毎月の検討会をMRにすればいいじゃないか。何も別個にMRを開催する必要はないだろう」という意見がある部署から挙がってきたそうです。それに対して事務局側は次のように説明しています。

「当社は毎月、品質に関する会議を行い、経営者はその都度このようにしなさいという指示を出していますが、自分が出した指示をずっと覚えているわけではありません。これは微分的な会議であって、毎月の会議を集約する積分的な会議は、やはり必要なのです。それがMRというイベントです。そこでは、一定期間を経た会議結果の評価、見直しが行われますし、社長監査や内部監査の結果もインプットされることで、次期経営計画のベースが作成されています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プロセスアプローチに関する3つの問題
  2. リコーの先読みQMS
  3. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  4. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  5. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  6. はてな的「作業環境」
  7. 北原脳神経外科病院のQMS
  8. 京都で目的逸脱の幸運

ピックアップ記事

エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

妻の実家のおじいちゃんは頑固者である毎日風呂には入るのだが下着を替えるのを嫌がる…

鈴木信吾著『重点志向型内部品質監査』(Kindle版)本日発売!

鈴木信吾さん執筆による電子書籍(Kindle版)『重点志向型内部品質監査』が本日アマソンのサイトから…

JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う

日本能率協会審査登録センター(JMAQA)の上級経営管理者である佐々木隆氏(JTB代表取締役会長)に…

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

イオンがカーボンフットプリントに取り組む理由

カーボンフットプリント制度(商品またはサービスのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP