品質MS

京都で目的逸脱の幸運

namikawa.jpg京都におじゃまして並川恭明さん(コーデンシ株式会社品質保証部)にお会いしました。認証移行の話を目的に取材におうかがいしたのですが、途中から組織の経営目標→部門目標→課目標→個人目標の達成を支援するQMS・EMSの話に移り、そっちのほうが俄然おもしろくなりました。「Aを求めてBに出会う」というセレンディピティを経験できたのは幸運でした。
(詳細は4月10日発売の月刊誌「アイソス」5月号で)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プロセスアプローチに関する3つの問題
  2. 久米均さんのISO観(3)
  3. やり方を変えて面白くする
  4. ISOの修羅場
  5. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  6. 北原脳神経外科病院のQMS
  7. 品質方針は「予防」
  8. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

ピックアップ記事

Vantage Point 先輩の言葉

「君が審査員になることを期待している人は誰もいない。誰一人期待もしなければ、審査員になってほしいと思…

World Standards Dayの素敵なポスター

ISOは国際標準化を祝う記念日“World Standards Day”を10月14日に定め、毎年イ…

上板塑性のTS 16949を取材

冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、IS…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1

アイソス4月号から「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう」を連載していま…

「7.4.1 購買プロセス」

昨日は「7.3.3」を見ましたが、「7.3」については「7.3.4」以降、2008年版での変更点…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP