品質MS

新経審施行後のCAの行方

4月号で建設特集を予定しているので、2011年4月施行の新経審でISO 9001/14001認証が加点対象になったことが、どれだけ公共工事入札の業務効率化につながっているかを取材しようと国交省の建設業課に電話を入れてみましたら、一昨年取材対応していただいた好人物の若者はすでに転籍になっていて(だいたい3年くらいで異動があります)、新担当者からは「新経審施行後の取りまとめはまだやっていませんので、あれから進展はありません」という回答が返ってきました。

「取りまとめ」というのは、役所がよく使う言葉ですが、要は政策を計画し、施行するまでのPDはやったものの、まだその政策効果の検証(=取りまとめ)や見直しというCAはやっていないということです。このCAに、今後、建設業課長さんが関心を示してくれるかどうかですね。

関連記事

  1. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  2. 久米均さんのISO観(1)
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  4. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  5. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  6. 北原脳神経外科病院のQMS
  7. 仕入れ値をオープンにする
  8. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2012年 1月 13日

    この建設業課長さんには、公共工事が国民にとってよかったのか
    という観点で、ISO 9001/14001認証が加点対象になったことを
    CAしてほしいですね。
    たぶん、自分たちの仕事が楽になったかどうかでしかCAしないだろうけど
    追伸:素材集ありがとうございました。
      チラシ作成しました。Pが済みましたので、来週以降Dします。
      このチラシを見て、どれだけの子どもが興味をもってくれるか  をCして、Aしないとなぁ。

    • 中尾優作
    • 2012年 1月 13日

    <公共工事が国民にとってよかったのかという観点で
    確かにそうですね。本当の顧客は国民のはずだし。
    役人と建設業者が楽になっただけではダメですもんね。
    チラシ作成、頑張ってください!

ピックアップ記事

「7.5.3 識別及びトレーサビリティ」

私は、木村忠道さん(いそいそフォーラム管理責任者)が提唱しておられる「写経」の信奉者の1人です。…

J-VACのオープニング会議

ISO審査機関・J-VAC(ジェイ-ヴァック)が審査で使用するオープニング会議(審査初日、審査側が行…

春一番

春一番が吹き、花粉で目元を真っ赤にした息子に、冷たい濡れタオルを当ててやり、この強風では…

アイソス創刊200号記念企画「認証機関ディスカッション」を開催

2014年7月号(6月10日発行)をもってアイソスは創刊200号を迎えるが、創刊200号記念企画とし…

【震災寄稿 No.6】 女川復興の狼煙

門岡 淳@iPhone中尾さん、こんにちは。門岡 淳(東北緑化@女川支社/現在アイソスになぜなぜ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP