品質MS

新経審施行後のCAの行方

4月号で建設特集を予定しているので、2011年4月施行の新経審でISO 9001/14001認証が加点対象になったことが、どれだけ公共工事入札の業務効率化につながっているかを取材しようと国交省の建設業課に電話を入れてみましたら、一昨年取材対応していただいた好人物の若者はすでに転籍になっていて(だいたい3年くらいで異動があります)、新担当者からは「新経審施行後の取りまとめはまだやっていませんので、あれから進展はありません」という回答が返ってきました。

「取りまとめ」というのは、役所がよく使う言葉ですが、要は政策を計画し、施行するまでのPDはやったものの、まだその政策効果の検証(=取りまとめ)や見直しというCAはやっていないということです。このCAに、今後、建設業課長さんが関心を示してくれるかどうかですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. やり方を変えて面白くする
  2. 久米均さんのISO観(4)
  3. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  4. 久米均さんのISO観(2)
  5. リコーの先読みQMS
  6. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  7. 学校サバイバル9000
  8. 久米均さんのISO観(3)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イソハドーグ
    • 2012年 1月 13日

    この建設業課長さんには、公共工事が国民にとってよかったのか
    という観点で、ISO 9001/14001認証が加点対象になったことを
    CAしてほしいですね。
    たぶん、自分たちの仕事が楽になったかどうかでしかCAしないだろうけど
    追伸:素材集ありがとうございました。
      チラシ作成しました。Pが済みましたので、来週以降Dします。
      このチラシを見て、どれだけの子どもが興味をもってくれるか  をCして、Aしないとなぁ。

    • 中尾優作
    • 2012年 1月 13日

    <公共工事が国民にとってよかったのかという観点で
    確かにそうですね。本当の顧客は国民のはずだし。
    役人と建設業者が楽になっただけではダメですもんね。
    チラシ作成、頑張ってください!

ピックアップ記事

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

VDAシリーズ日本語版を拡充

中部産業連盟がVDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)との契約に基づき、『VDA…

Vantage Point 内部監査のクライアント

内部監査のクライアントは社員ではないか「内部監査は誰のためにやるのか。内部監査のクライアント…

エラープルーフ 排除編 (中尾家の場合)

妻の実家のおじいちゃんは頑固者である毎日風呂には入るのだが下着を替えるのを嫌がる…

シックス・シグマ手法の国際規格発行

ISOは9月14日付のニュースで、シックス・シグマの国際規格として下記2本が発行されたことを発表した…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP