品質MS

久米均さんのISO観(1)

6035-19931117kume.jpg1993年11月17日、某新聞社の編集マンだった頃、当時東京大学の教授だった久米均さんにISO 9000の規格及び制度について話を聞いた。ちょうど同年11月1日に日本の認定機関としてJABが設立され、久米さんはその認定委員会委員長に就任したばかりだった。この時の取材記事を抜粋して何回に分けて紹介したいと思う。(写真は取材当時の久米さん:東大の久米研究室にて)

 

今回の久米さんの話の中に出てくる「諸刃の剣」「紙くず製造システム」「義務教育」といった言葉は、久米さんがISOの比喩として最初に使ったかどうかは分からないが、久米さんが使ったことでポビュラーになったことは確かである。

ISO 9000は「諸刃の剣」

質問  久米先生のISO 9000規格に対する評価はあまり高くないように思えます。1992年4月に東京で開催されたPACS(アジア地域の標準化会議)では「品質のベースは固 有技術であり、その技術を改善するにはTQCが、そのシステムを維持するにはISO 9000規格が有効」と発言されていますし、また、1993年に発行された著書「品質による経営」(日科技連出版社)の中でも、ISO 9000規格について、「static(静的)で発展性に乏しい」「新しい品質システムの創造という観点からは限界がある」といったコメントをされていま す。ISO 9000規格は「維持」には向いているが、「発展」には向いていないということでしょうか。

久米 私は、 ISO 9000規格を否定しているわけではないが、これだけで品質が良くなると思ったら間違いです。これだけではだめです。日本人は隣を見て、慌ててワーッと飛 びつくところがあるが、第二次世界大戦から今まで営々と築いてきた日本の品質管理を放り出して、すぐに新しいものに飛びつくというのはまずいと思う。 ISO 9000規格も一つの道具ですから、いかに上手にこのシステムを作り、使うかというところが大事なのです。これに、うーんとお金と人をかけたら、いい製品 ができるかというと、そうじゃない。あくまでオーバーヘッド(間接経費)ですからね。間接というのは「諸刃の剣」なんです。上手にやれば非常にシャープだ が、変なことをやるとラインのみんなが迷惑する。うっかりすると、「紙くず製造システム」になってしまう(笑)。

質問 「ISO 9000規格だけではだめ」という点を、もう少し説明していただけますか。

久米  私はデミング賞の審査を20数年前からやっていますが、これは大変勉強になります。企業の叡智がすべてそこに出てくるからです。ISO 9000規格の審査とデミング賞の審査の違いは、前者はまず規格があって、その規格通りにできているかどうかを審査しますから、受審するほうは比較的簡単 なんです。試験問題があって、その中から出るんですから(笑)。ところが後者は博士論文試験のようなものです。何を書いてもいいんです。もちろん、評価の 仕方も主観的な部分がある。しかし、すばらしい論文が出てきますね。企業の叡智が出てくる。私はそれを大切にしたいのです。ですから、ISO  9000規格は、まあ「常識」ですね。「義務教育」(笑)。これを目安にしてもっと自分たちに合った、もっと効果的なものを作らないとね。▼(取材日:1993年11月17日)

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(4)
  2. 久米均さんのISO観(3)
  3. ISOの修羅場
  4. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  5. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  6. やり方を変えて面白くする
  7. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  8. 新経審施行後のCAの行方

ピックアップ記事

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

Vantage Point 疑わしきはクロ

 「私は、認証審査においては『疑わしきはクロ』という原則に従うべきだと考えています」アイソス…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その1の解答

前日掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、重要な順に2>1>3です…

附属書SL完全対応のISO 39001

ISOマネジメントシステム規格の共通要求事項が記述された附属書SL(Annex SL)は、ISO 9…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP