品質MS

久米均さんのISO観(3)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載第3回目。今回は国際的な相互承認の問題について。ポイントは「購入者が審査をどう評価するか」である。国際的な制度づくりのむずかしさが予見されている。

国際的な相互承認をいかに進めるべきか

質問 ISO 9000規格による審査登録制度において、国際的な相互承認に向けた動きが活発に行われていると聞いています。

久米 国際的な相互承認は、認定機関レベルで、かつピア・エヴァリュエーション(peer evaluation)の方式で行うということです。

質問 この結論について、どう思いますか。

久米  こういう方法しかないでしょう。もう1つの方法として、ISOが何も関与しないで、審査登録機関の間で自由に相互承認をやるという方法があります。そうす ると、力のあるところがお互いに相互承認の協定を結んでいくでしょう。私は最初のころ、そういう方法を想定していたので、当時のJMI(現在のJQA)に は、さんざん発破をかけました。国内もいいけど、国際的な動きもやって欲しいとね。実際、森田允史さん(取材当時はJQA理事、現在はJ-VAC代表取締 役)はよくやってくれました。

質問 今後は、認定機関どうしの相互承認が広まるのでしょうか、それとも審査登録機関どうしの相互承認が力をつけてくるでしょうか。

久米 実際は審査登録機関どうしのほうかもしれない。ピア・エヴァリュエーションで やって、本当のことがわかるという問題があってね、購入者が「△△審査登録機関でなければだめだ」と言い出さないとも限らない。「あそこじゃ、だめだ。こ このを受けろ」ってね。そうすると、いくらISOやIAF(認定機関の国際的なフォーラム)で相互承認をしているからといっても、購入者のほうでは「あそ こはだめだ」と言い出したら、それでつぶれてしまうわけです。

質問 認定機関どうしのピア・エヴァリュエーションを購入者がどう評価するかですね。

久米 国際的にやるなら認定機関どうしのピア・エヴァリュエーションという形でやらざるを得ない。というのは、審査登録機関は世界で500ほどありますから、とても1対1でなんてできない。ただ、そのようにピ ア・エヴァリュエーションでやって果たして効果があるのかどうかは、よく分からない。購入者の中には、「そんなものはだめだ」と言い出すところもあるかも しれない。事実、アメリカのビッグ・スリーは、ISO 9000規格にプラス・アルファを付けて、「自分たちが認めた審査でなければだめだ」と言っています。それはそれで私は1つの見識だと思います。ISOか らすると面白くないかもしれないが、購入者からすると、当然だという気がしないでもない。自分が知らない審査登録機関が審査したものを、どこまで信用でき るでしょうか。ただ、みんながこのようにやり出すと、この制度はつぶれてしまいます。▼

関連記事

  1. リコーの先読みQMS
  2. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  3. 施工品質マニュアルを全文掲載
  4. 北原脳神経外科病院のQMS
  5. プロセスアプローチに関する3つの問題
  6. 新経審施行後のCAの行方
  7. ISOの修羅場
  8. 仕入れ値をオープンにする

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」

飯塚悦功プロジェクト第3弾の映像を掲載します。今回の映像では、飯塚さんが品質管理を通じて、…

飯塚悦功プロジェクト 総目次

アイソス日記でアップしてきた飯塚悦功さんのビデオ「飯塚悦功プロジェクト」の目次を作成しました。簡易目…

ダイキン工業のSSM

ダイキン工業滋賀製作所のSSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用するための知識構造モデル)を取…

母数が少ない中でのリスクアセスメントの手法とは?

ある建設会社の労働安全衛生マネジメントシステムの取り組みを取材したときのことです。そこでは、この5年…

顧客監査が育てた社内基準

「当工場にはこの十数年の間にかなりの数のお客様が監査に来られ、その都度いろんな指摘をいただき、是正し…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP