品質MS

久米均さんのISO観(4)

1993年11月17日に実施した久米均さんへのインタビュー記事の連載最終回(第4回)。今回は、顧客による供給者への第二者監査とISO 9001による第三者審査との関係がテーマである。当時は「供給者の品質システムの監査については、顧客自らが監査する第二者監査を、できる範囲内でISO 9001による第三者審査へ移行して欲しい」というJABトップからの強い要請が産業界に伝えられていた。なお、この頃は仕様書がISO 9001/9002/9003の3種類ある1987年版の時代である

 

ISO 9001が監査スタイルのベースになり
二者監査の数が減っていく

質問:現 状では、独自に供給者監査をしている購入者がたくさんあります。供給者側がISO 9001の審査登録をしていてもです。「この規格だけでは甘い」というわけです。すると、供給者においては、従来から行われていた購入者側の監査に加え、 ISO 9001の審査が加わり、コストが二重にかかることになります。これは困ったことではないでしょうか。

久米:例 えば、最初に取引を始める時は、やはり自分で取引先を見ないとね。それこそperformanceの問題もあるし、どういう設備で、どういうふうに作って いるかは、自分で行って調べてみなくては分かりません。最初の評価というのは、まず相手の工場を見に行くことです。これは、ISO 9001の審査ではダメなんです。あるいは、相手が不適合を出した時ですね。これもおそらく、ISO 9001の審査ではダメでしょう。購入者側では「あそこの工場はいったいどのような品質管理をやっているのか見に行って監査しよう」ということになりま す。ですが、このような特定の状況以外の場合で、技術的にも相手のレベルがよく分かっていて、一応信用もでき、わざわざ自分で見に行く必要もない時は、 ISO 9001の審査で供給者の品質システムの維持を確認するということになるでしょう。ですから、ISO 9001による審査登録制度を導入したからといって、第二者(購入者)の監査がなくなるとは思えない。

質問:二通りの審査が、このまま続くわけですね。

久米:ビッ グスリーの場合も、「品質改善」なんていう、ISO 9001規格にない要件を取引先企業向けの品質管理要求事項(QS-9000)を出してきています。「品質改善については、ISO 9001の審査ではできないので、自分たちでやる」と言っているわけです。ただ、審査の基盤はISO 9001規格になっています。また、ビッグスリーが3社共通の1つの規格を作ったことはすごいことで、これはISO効果かもしれない。3社を相手にしてい た供給者側からすれば、今まで3回監査を受けていたのが、共通部分に関しては1回で済むのです。だから、第二者による監査が厳密にISO 9001の審査に置き換わることはあり得ないけれども、一般的には(二者監査の)数は減るんじゃないか。ビッグスリーの場合のようにね。それに、監査スタ イルがISO 9001規格一本に定着してくるでしょう。お客さんから別の要求があれば、それはそれでプラス・アルファする形で用意しなければならないが、そのほかはす べて、ISO 9001規格で共通になっていく。そういうメリットが出てくるでしょう。▼(この連載はこれで終了です)

関連記事

  1. リコーの先読みQMS
  2. 品質方針は「予防」
  3. 久米均さんのISO観(1)
  4. 施工品質マニュアルを全文掲載
  5. 「顧客の顧客」の声を聞く
  6. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  7. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  8. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…

ピックアップ記事

仕掛ける内部監査員研修の予告編

日本科学技術連盟ISO研修事業部を訪問し、北崎洋司・研修業務一課課長と波田野崇・研修業務二課課長にお…

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

タイで水没した設計図面

タイで工場が浸水して大きな被害を受けたある企業を取材しました。今月になって、何百人もの社員がタイから…

Food Safety Day Japan 2013(9) 日本のグローバル・マーケットWGからの報告

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP