品質MS

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価するのは誰か。認証機関のクライアントである受審組織ではない。受審組織の顧客である。審査の本当の価値を知りたければ、顧客の顧客の声を聞かなければならない。

リコーの品質本部(写真)を取材した時、「カスタマーズカスタマー(Customer’s Customer)」という言葉が出た。お客様自身、何が欲しいかを分かっていないところがある。だから、お客様が気づいていないところを、先読みしなければならない。そのための1つの方法として、カスタマーズカスタマーの情報をいち早く入手し、それを製品にフィードバックするという。

例えば、リコーが製品を納入している印刷会社に印刷を依頼してくるお客さんがいる。 これは、リコーにとっては、カスタマーズカスタマーである。そこを訪問して、要望などを聞いてくる。その情報はリコーにとっても、印刷会社にとってもメ リットがある。そこで得た気づきを印刷会社と相談しながら製品に反映させる。これをリコーでは、「お客様との共創」と呼んでいる。(詳細はアイソス12月 号で)

う〜ん、この知見、認証制度に生かせないかなあ。

525-20120824RICOH.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プロセスアプローチに関する3つの問題
  2. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  3. はてな的「作業環境」
  4. 仕入れ値をオープンにする
  5. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  6. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  7. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  8. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

ピックアップ記事

内部監査員が同行する審査

昨日、某審査機関の社長さんに会ってきました。今でこそ年数回審査に出る程度ですが、以前は社長をやりつつ…

Vantage Point 仕事の課題はいっぺんに燃やす

1998年は思い出深い年で、デミング賞実施賞のほかに、TPM継続賞も取り、その両賞の発表会とISOの…

チェックリストをやめた日本生協連

日本生活協同組合連合会(日本生協連)の内部監査を取材しました。日本生協連では2013年度から、これま…

第13回是正処置WS

審査道無風流主催の第13回是正処置ワークショップ(WS)に久しぶりに参加。今回は主に「監査所見の評価…

父の死

17年前になります。昼間、ベンチにすわって、ぐったりしているところを、巡回中のおまわりさんが…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP