品質MS

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価するのは誰か。認証機関のクライアントである受審組織ではない。受審組織の顧客である。審査の本当の価値を知りたければ、顧客の顧客の声を聞かなければならない。

リコーの品質本部(写真)を取材した時、「カスタマーズカスタマー(Customer’s Customer)」という言葉が出た。お客様自身、何が欲しいかを分かっていないところがある。だから、お客様が気づいていないところを、先読みしなければならない。そのための1つの方法として、カスタマーズカスタマーの情報をいち早く入手し、それを製品にフィードバックするという。

例えば、リコーが製品を納入している印刷会社に印刷を依頼してくるお客さんがいる。 これは、リコーにとっては、カスタマーズカスタマーである。そこを訪問して、要望などを聞いてくる。その情報はリコーにとっても、印刷会社にとってもメ リットがある。そこで得た気づきを印刷会社と相談しながら製品に反映させる。これをリコーでは、「お客様との共創」と呼んでいる。(詳細はアイソス12月 号で)

う〜ん、この知見、認証制度に生かせないかなあ。

525-20120824RICOH.jpg

関連記事

  1. やり方を変えて面白くする
  2. 久米均さんのISO観(3)
  3. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  4. 仕入れ値をオープンにする
  5. 新経審施行後のCAの行方
  6. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  7. 施工品質マニュアルを全文掲載
  8. 久米均さんのISO観(1)

ピックアップ記事

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

JAB新理事長に久米均さん!

本日付けで日本適合性認定協会(JAB)の新理事長に久米均さんが就任した。これまでJABの理事長といえ…

「7.4.1 購買プロセス」

昨日は「7.3.3」を見ましたが、「7.3」については「7.3.4」以降、2008年版での変更点…

ISO Guide 83が国際規格ルールに

ISOマネジメントシステム規格(以下、ISO MSS)の整合化をはかるため、すべてのISO MSSに…

ごあいさつと自己紹介

本日より、ブログを始めます。中尾優作です。最初に自己紹介をしておきます。大学を卒業し…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP