品質MS

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価するのは誰か。認証機関のクライアントである受審組織ではない。受審組織の顧客である。審査の本当の価値を知りたければ、顧客の顧客の声を聞かなければならない。

リコーの品質本部(写真)を取材した時、「カスタマーズカスタマー(Customer’s Customer)」という言葉が出た。お客様自身、何が欲しいかを分かっていないところがある。だから、お客様が気づいていないところを、先読みしなければならない。そのための1つの方法として、カスタマーズカスタマーの情報をいち早く入手し、それを製品にフィードバックするという。

例えば、リコーが製品を納入している印刷会社に印刷を依頼してくるお客さんがいる。 これは、リコーにとっては、カスタマーズカスタマーである。そこを訪問して、要望などを聞いてくる。その情報はリコーにとっても、印刷会社にとってもメ リットがある。そこで得た気づきを印刷会社と相談しながら製品に反映させる。これをリコーでは、「お客様との共創」と呼んでいる。(詳細はアイソス12月 号で)

う〜ん、この知見、認証制度に生かせないかなあ。

525-20120824RICOH.jpg

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(2)
  2. 学校サバイバル9000
  3. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  4. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  5. 品質方針は「予防」
  6. やり方を変えて面白くする
  7. 仕入れ値をオープンにする
  8. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

ピックアップ記事

今井義男さんの死を悼む

昨秋からメールで取材を申し込んでいたのですがご返事がなく、年末にもう一度メールを入れたのですが、やは…

メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスにヒョウモンチョウが数匹飛来しています。羽の一部が黒っぽいことに…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

おまわりさんの力量

中古のワーゲンを買って2日目。朝起きてみると、左前輪のホイール・キャップがありません。昨日は…

ISO 50001でJAB訪問

7月25日にはISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の認定申請受付(ISO 50001…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP