品質MS

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価するのは誰か。認証機関のクライアントである受審組織ではない。受審組織の顧客である。審査の本当の価値を知りたければ、顧客の顧客の声を聞かなければならない。

リコーの品質本部(写真)を取材した時、「カスタマーズカスタマー(Customer’s Customer)」という言葉が出た。お客様自身、何が欲しいかを分かっていないところがある。だから、お客様が気づいていないところを、先読みしなければならない。そのための1つの方法として、カスタマーズカスタマーの情報をいち早く入手し、それを製品にフィードバックするという。

例えば、リコーが製品を納入している印刷会社に印刷を依頼してくるお客さんがいる。 これは、リコーにとっては、カスタマーズカスタマーである。そこを訪問して、要望などを聞いてくる。その情報はリコーにとっても、印刷会社にとってもメ リットがある。そこで得た気づきを印刷会社と相談しながら製品に反映させる。これをリコーでは、「お客様との共創」と呼んでいる。(詳細はアイソス12月 号で)

う〜ん、この知見、認証制度に生かせないかなあ。

525-20120824RICOH.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 新経審施行後のCAの行方
  2. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  3. やり方を変えて面白くする
  4. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  5. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  6. 品質方針は「予防」
  7. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  8. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

ピックアップ記事

TSに御法度はない?

IATFのホームページを見ると、1月7日付のニュースで、「ISO/TS 16949:2009が2…

「Googleブックスの進化と出版」聴講記

7月8日東京ビッグサイトで開催されたデジタルパブリッシング専門セミナーで、グーグルの井上憲郎・名誉会…

机上の空論

10月3日に東京・無風流道場で是正処置ワークショップが開催され、そこで小生が「机上の空論」というタイ…

奥村朋子さんのTS審査員合格を祝う

奥村朋子さん(通称:TOMOさん)がTS 16949審査員資格試験に合格した。7月16日に契約先の審…

日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

日本科学技術連盟(日科技連)主催「第2回 知識構造化シンポジウム」が、9月3日(金)13:30〜17…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP