品質MS

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika

関連記事

  1. 仕入れ値をオープンにする
  2. 施工品質マニュアルを全文掲載
  3. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  4. 久米均さんのISO観(4)
  5. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  6. 久米均さんのISO観(1)
  7. ISOの修羅場
  8. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…

ピックアップ記事

アイソスが「VDA6.3第3版」を特集しました!

月刊アイソス2月号の特集は「VDA6.3 第3版 対応ガイド」(執筆者:株式会社トライザック)です。…

日本人が欧州でCSRコンサルタントを生業にするまで

下田屋毅氏(しもたや・たけし:写真)は、「ロンドン在住 CSRコンサルタント」という日本人としては希…

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

RADWINPSの至言

約束したよね 「100歳までよろしくね」101年目がこんなに早くくるとは思わなかったよR…

審査員に気づかせる審査

目覚ましの音を消して、また寝てしまいました。ほんの10分程度だと思いますが、審査員になった夢をみ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP