品質MS

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(2)
  2. やり方を変えて面白くする
  3. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  4. プロセスアプローチに関する3つの問題
  5. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  6. 「顧客の顧客」の声を聞く
  7. 久米均さんのISO観(3)
  8. 仕入れ値をオープンにする

ピックアップ記事

日本の食品産業の危機的状況

先日、グローバルにビジネスを展開している食品卸の品質保証担当者にお会いしました。仕入先の食品業者はほ…

速報 QMS/EMS認証件数(2010.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月3日付のプレスリリースで、2010 年12月末時点での国内…

シャーロン・スモールさんのクリーン・ランゲージ・セミナー

2月7日-8日、横浜で開催されたイノベイション(山上裕司社長)主催のクリーン・ランゲージ・セミナーに…

審査員70歳定年の敢行

「そろそろ人生を整理したいと思いまして・・・」という切り出しで、アイソス読者から電話がかかってきた。…

「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」

今日はISO 9001:2008の「1.2 適用」から「3. 定義」までで、2000年版から変更のあ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP