品質MS

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(3)
  2. はてな的「作業環境」
  3. やり方を変えて面白くする
  4. 施工品質マニュアルを全文掲載
  5. 学校サバイバル9000
  6. 久米均さんのISO観(4)
  7. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  8. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS

ピックアップ記事

アイソス主催・内部監査員初級コースを開催

月刊アイソス主催セミナー「ISO 9001内部監査員初級コース(内部監査技術者初級認定)」が7月8日…

飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

飯塚悦功プロジェクト第9弾の映像を掲載します。タイトルは「医療に品質管理の手法導入」です。…

ISO 50001の未完成なところ

平林良人さん(テクノファ社長)に久しぶりにお会いし、ISO 9001とISO 50001(エネルギー…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その2の解答

5月2日に本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の解答から。4の「誤…

森本組の統合マネジメントシステム

老舗の中堅ゼネコン・森本組(大阪市)の統合マネジメントシステム(IMS)を取材。同社はISO 900…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP