品質MS

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(2)
  2. 久米均さんのISO観(1)
  3. 品質方針は「予防」
  4. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  5. リコーの先読みQMS
  6. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  7. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  8. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS

ピックアップ記事

すべてのマネジメントシステム規格はガイド83に従う

これからISOで発行あるいは改訂されるすべてのマネジメントシステム規格(MSS)は、原則としてISO…

飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

飯塚悦功プロジェクト第9弾の映像を掲載します。タイトルは「医療に品質管理の手法導入」です。…

「序文 0.1 一般」

久しぶりに「ISO9001ユーザーの声」を続けます。第4章以降の要求事項だけをチェックしてきたの…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(3)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の3回目です。オンライン・…

これまでのサプライヤー管理にはこんな問題点があった

二者監査員研修のプロモーションビデオ(PV)の第二弾「これまでのサプライヤー管理にはこんな問題があっ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP