品質MS

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika

関連記事

  1. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  2. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  3. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  4. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  5. 久米均さんのISO観(3)
  6. 施工品質マニュアルを全文掲載
  7. ISOの修羅場
  8. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」

飯塚悦功プロジェクト第3弾の映像を掲載します。今回の映像では、飯塚さんが品質管理を通じて、…

石井俊彦さんを悼む

「トシちゃん」こと石井俊彦さんが昨日お亡くなりになりました。石井さんは1944年6月27日生まれ、享…

JARIのEMS審査における「技術専門性」とは?

日本自動車研究所認証センター(JARI-RB)は1996年に設立、自動車業界の差し迫った環境ニーズに…

ISO 50001はISO-レーション(孤独)から事務局を守る

1998年にISOマネジメントシステムを話題とするメーリングリスト「いそいそフォーラム」を開設した木…

「認証情報公開」と「政府調達」の連動性

MS認証懇談会(ISOマネジメントシステム認証制度にかかわる認定機関と認証機関で構成)は「認証組織情…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP