品質MS

仕入れ値をオープンにする

kinki石油の値上がりに連動して、諸物価も値上がりしていますが、「当社は企業努力してこれだけ経費を詰めたが、原材料がこれだけ分値上げされているので、結局当社製品もこれだけ分値上げせざるを得なかった」と、きちんと数値で説明しているメーカーって、あまり見かけません。しかし、辻井浩一さん(コンサルタント)の紹介で最近取材させていただいた近畿工業(金属加工業/田中聡一社長:写真)さんは違いました。

 

「うちはお客さんに対して、仕入れの値段をオープンにしています。仕入れコストと、 うちの加工賃の合計が、お客さんに請求する金額です。ですから、原材料の値段が上がると、その値上がり分をそのまま仕入れコストにプラスして請求します。 うちの加工賃にプラスしたわけではないので、お客さんからも文句は出ません。また、お客さんには、うちが提示している値段よりも、もっと安い仕入れができ る業者があれば、ぜひご紹介ください、と言っています」(田中社長)

実にオープンマインドな取引のやり方だと思います。仕入れ値を開示するということは、自社の儲けも相手に分かってしまうことから、通常なかなか踏み切れないものです。このような新世代の社長が陣頭指揮をとっているQMSをアイソス新年号で紹介する予定です。

関連記事

  1. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  2. リコーの先読みQMS
  3. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  4. 京都で目的逸脱の幸運
  5. やり方を変えて面白くする
  6. 久米均さんのISO観(1)
  7. 「顧客の顧客」の声を聞く
  8. 久米均さんのISO観(3)

ピックアップ記事

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午前の部)

主催による「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」が10月30日9:30〜18:00…

2015年改正対応の統合マネジメントシステム構築

グローバル電子材料メーカーとして、日本を含む世界に8拠点を持つAZエレクトロニックマテリアルズは、2…

学校から呼び出されて

「親の顔がみたい」と言う親の顔は見たくない。…

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話…

メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスにヒョウモンチョウが数匹飛来しています。羽の一部が黒っぽいことに…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP