品質MS

仕入れ値をオープンにする

kinki石油の値上がりに連動して、諸物価も値上がりしていますが、「当社は企業努力してこれだけ経費を詰めたが、原材料がこれだけ分値上げされているので、結局当社製品もこれだけ分値上げせざるを得なかった」と、きちんと数値で説明しているメーカーって、あまり見かけません。しかし、辻井浩一さん(コンサルタント)の紹介で最近取材させていただいた近畿工業(金属加工業/田中聡一社長:写真)さんは違いました。

 

「うちはお客さんに対して、仕入れの値段をオープンにしています。仕入れコストと、 うちの加工賃の合計が、お客さんに請求する金額です。ですから、原材料の値段が上がると、その値上がり分をそのまま仕入れコストにプラスして請求します。 うちの加工賃にプラスしたわけではないので、お客さんからも文句は出ません。また、お客さんには、うちが提示している値段よりも、もっと安い仕入れができ る業者があれば、ぜひご紹介ください、と言っています」(田中社長)

実にオープンマインドな取引のやり方だと思います。仕入れ値を開示するということは、自社の儲けも相手に分かってしまうことから、通常なかなか踏み切れないものです。このような新世代の社長が陣頭指揮をとっているQMSをアイソス新年号で紹介する予定です。

関連記事

  1. ISOの修羅場
  2. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  3. 品質方針は「予防」
  4. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  5. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  6. 国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く
  7. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  8. 久米均さんのISO観(4)

ピックアップ記事

ISO 50001審査員評価登録事業が本格始動

省エネルギーセンター・エネルギーマネジメントシステム審査員評価登録センター(CEMSAR:「セムサー…

50001認証普及に動く経産省

8月31日、資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評価…

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午前の部)

主催による「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」が10月30日9:30〜18:00…

仕事の話を聞きに来ている

「審査員がね、仕事の中身についてどんどん聞いてくれるんですよ。それはもう、ISOの審査をしてるって感…

ISO 14001改訂議論が2月20日からスタート

ISO 14001は、昨年11月のISO/TC207の会合において、全員賛成のもとで次期改訂作業に入…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP