品質MS

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時点で8,672者あり、このうち1,969者がISO 9001の認証を取得しています。取得率は22.7%です。東京都は建設業者をA、B、C、D、E、無格付けの6段階でランキングしています。「A」という最高位に格付けされた建設業者でも、ISO 9001の取得率は8割弱くらいです。「A」の建設業者は、ここ数年330〜360者くらいあるわけですが、この中の60〜80者くらいはISO 9001を取らずにランクAを維持しているわけですね。(詳細はアイソス4月号で)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  2. 久米均さんのISO観(1)
  3. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  4. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  5. 品質方針は「予防」
  6. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  7. 北原脳神経外科病院のQMS
  8. 久米均さんのISO観(4)

ピックアップ記事

麗澤大学/中山理学長に聞く  なぜ大学がISO 26000なのか

麗澤大学(千葉県柏市、中山理学長)は、大学組織において教育・研究・社会貢献の3領域で社会的責任を果た…

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3

今回は、アイソス6月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。「経営層に影響を与える内部監査」…

日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

日吉信晴氏と奥村朋子氏(写真)による連載記事「ISO/TS16949に基づいた内部監査のあり方」がア…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP