交通安全MS

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話です。こちらも取材したばかり。

タクシー会社の場合は、ドライバー自身がヒヤリ・ハットした記録から分析し、是正に取り組むというものでしたが、損保会社の場合は、社用車を運転するドライバーの急発進、急停止、法定速度オーバーなどを車載したレコーダーで記録し、それを分析・是正するというものでした。同じヒヤリ・ハットでも、前者はドライバーによる主観的記録、後者はドライバーのオペレーションの物理的記録と言えるでしょう。取材で同席されたコンサルタントの話によると、「業界では後者が主流」とのこと。

どちらか一方をやるよりも、できれば両方やったほうがいいのでしょう。ただ、ドライバーによる主観的記録は、分析がむずかしいのは、昨日報告した通りです。ですが、ドライバー自身が記録を付けるという点で、安全運転の意識づけには大いになるはずでしょう。

関連記事

  1. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  2. 何千もの命を救うISO 39001
  3. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  4. 国の評価は10年以上かかる
  5. 国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応
  6. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  7. なんでもない天気の日に事故が起きています
  8. 京急バスの車内人身事故対策

ピックアップ記事

smashmediaの猫

私がほぼ毎日見てる、河野武さん(写真)の個人ブログ、smashmedia が11月にリニューアル…

中尾元子 82年史 その3

母は1961年からほぼ独学で洋画(油絵)を描き始めましたが、1967年に日本画に転向しました。日本画…

エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)

出張外泊を伝えると妻子の顔が曇る寂しいからではない浮気が心配なわけでもない朝が心配な…

チェックリストをやめた日本生協連

日本生活協同組合連合会(日本生協連)の内部監査を取材しました。日本生協連では2013年度から、これま…

久米均さんを取材

久米均さんが8月に日本適合性認定協会(JAB)の理事長に就任したので、その記念インタビューに本日お伺…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP