交通安全MS

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話です。こちらも取材したばかり。

タクシー会社の場合は、ドライバー自身がヒヤリ・ハットした記録から分析し、是正に取り組むというものでしたが、損保会社の場合は、社用車を運転するドライバーの急発進、急停止、法定速度オーバーなどを車載したレコーダーで記録し、それを分析・是正するというものでした。同じヒヤリ・ハットでも、前者はドライバーによる主観的記録、後者はドライバーのオペレーションの物理的記録と言えるでしょう。取材で同席されたコンサルタントの話によると、「業界では後者が主流」とのこと。

どちらか一方をやるよりも、できれば両方やったほうがいいのでしょう。ただ、ドライバーによる主観的記録は、分析がむずかしいのは、昨日報告した通りです。ですが、ドライバー自身が記録を付けるという点で、安全運転の意識づけには大いになるはずでしょう。

関連記事

  1. 京急バスの車内人身事故対策
  2. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  3. ANAの運航リスクマネジメント
  4. 国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応
  5. 国の評価は10年以上かかる
  6. 何千もの命を救うISO 39001
  7. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  8. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

ピックアップ記事

日科技連主催 第2回SSMシンポ開催

日本科学技術連盟(日科技連)主催「第2回 知識構造化シンポジウム」が、9月3日(金)13:30〜17…

認証機関の課題克服モデル

認証機関のトップの方を取材すると、全体の認証件数が頭打ちになっている状況の中で、実に明確に自機関の今…

第14回是正処置WS

11月20日、東京・審査道無風流道場で開催された第14回是正処置ワークショップ(WS)に参加しました…

飯塚悦功プロジェクト 0

本日午後、飯塚悦功さん(東京大学大学院工学系研究科教授)を東大の飯塚研究室で取材しました。取材内容…

【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

久しぶりに「ISOを小馬鹿にした天然お嬢」がアイソスに登場(お嬢初出は2013年5月号)。日本のIS…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP