交通安全MS

ヒヤリ・ハットには2種類あって

昨日はタクシー会社のヒヤリ・ハットの話でしたが、今日はある損保会社の社用車管理でのヒヤリ・ハットの話です。こちらも取材したばかり。

タクシー会社の場合は、ドライバー自身がヒヤリ・ハットした記録から分析し、是正に取り組むというものでしたが、損保会社の場合は、社用車を運転するドライバーの急発進、急停止、法定速度オーバーなどを車載したレコーダーで記録し、それを分析・是正するというものでした。同じヒヤリ・ハットでも、前者はドライバーによる主観的記録、後者はドライバーのオペレーションの物理的記録と言えるでしょう。取材で同席されたコンサルタントの話によると、「業界では後者が主流」とのこと。

どちらか一方をやるよりも、できれば両方やったほうがいいのでしょう。ただ、ドライバーによる主観的記録は、分析がむずかしいのは、昨日報告した通りです。ですが、ドライバー自身が記録を付けるという点で、安全運転の意識づけには大いになるはずでしょう。

関連記事

  1. 国の評価は10年以上かかる
  2. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  3. ANAの運航リスクマネジメント
  4. 京急バスの車内人身事故対策
  5. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  6. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」
  7. なんでもない天気の日に事故が起きています
  8. 何千もの命を救うISO 39001

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業競争力強化モデル事業(補正予算)含む中間取りまとめ案を発表

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に昨年12月に設…

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』発売

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001 〜これでJIS Q 9001がミルミ…

エネルギー管理規格国別動向

ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム)の委員会原案(CD)が6月には発行される予定であ…

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP