交通安全MS

「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

国交省が実施している運輸安全マネジメント制度は平成18 年10 月からスタートしているので、はや6年が経過している。この制度の運用効果を測る1つの指標になっているのが、事故時に運輸事業者へ支払われた保険金額(自賠責保険は除く)である。保険会社の調査協力でまとめられた、安全管理規程等が義務付けられ運輸安全マネジメントに取り組んでいる事業者と、義務付けられていない事業所との支払い保険金額(保険契約台数1000 台あたりに換算した支払保険金額)の平成18年度と平成21年度の比較図が下記である。

547-20121120kokkousyou.jpgこれを見ると、義務付け事業者については、平成21 年度の支払保険金額が平成18 年度より半減している(赤枠の部分)一方、義務なし事業者については、あまり変化がない。国交省では、「この結果は、必ずしも運輸安全マネジメントの取り組みの有無だけによる違いとは言えないが、取り組みの効果を表す一つの事例と考えている」としている。

関連記事

  1. 国の評価は10年以上かかる
  2. 何千もの命を救うISO 39001
  3. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  4. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  5. なんでもない天気の日に事故が起きています
  6. 京急バスの車内人身事故対策
  7. ヒヤリ・ハットには2種類あって
  8. ANAの運航リスクマネジメント

ピックアップ記事

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

防災井戸端会議

防災のことでご近所の人たちと雑談をしていたら、だいたいみんな同じような準備をしていることが分かった。…

「7.4 購買」は大事な割に薄い

「ISO 9001規格は、7.3(設計・開発)や7.6(監視機器及び測定機器)は詳しく書かれているが…

ISOファシリテーション合宿初日

アイソス主催でISOファシリテーション合宿(講師:山上裕司氏、アシスタント:小熊孝氏)が本日から開催…

父の死

17年前になります。昼間、ベンチにすわって、ぐったりしているところを、巡回中のおまわりさんが…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP