交通安全MS

「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果

国交省が実施している運輸安全マネジメント制度は平成18 年10 月からスタートしているので、はや6年が経過している。この制度の運用効果を測る1つの指標になっているのが、事故時に運輸事業者へ支払われた保険金額(自賠責保険は除く)である。保険会社の調査協力でまとめられた、安全管理規程等が義務付けられ運輸安全マネジメントに取り組んでいる事業者と、義務付けられていない事業所との支払い保険金額(保険契約台数1000 台あたりに換算した支払保険金額)の平成18年度と平成21年度の比較図が下記である。

547-20121120kokkousyou.jpgこれを見ると、義務付け事業者については、平成21 年度の支払保険金額が平成18 年度より半減している(赤枠の部分)一方、義務なし事業者については、あまり変化がない。国交省では、「この結果は、必ずしも運輸安全マネジメントの取り組みの有無だけによる違いとは言えないが、取り組みの効果を表す一つの事例と考えている」としている。

関連記事

  1. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  2. 国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応
  3. 国の評価は10年以上かかる
  4. ヒヤリ・ハットには2種類あって
  5. なんでもない天気の日に事故が起きています
  6. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」
  7. 京急バスの車内人身事故対策
  8. 何千もの命を救うISO 39001

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO …

あなたの組織の観察事項は「是正要求付き」ですか?

昨日ブログに掲載した内容について、4人(仔豚さん、立花さん、俊ちゃん、え゛...iso??さん)の方…

【ISOS Review】 Ellenの物語

若い女性を対象に古着を販売するブランド「Over the Rainbow」をプロデュースしているSo…

ジェンク・グロルさんは関西人?

GFSI副理事のジェンク・グロルさん(イオン株式会社グループ物流責任者、イオングローバルSCM株式会…

第2回JAB_MSシンポ イチオシの写真

今年3月13日に開催されたJAB主催の第2回マネジメントシステムシンポジウムにおいて、JAあいち経済…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP