交通安全MS

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始まった。一方、すでに日本には、国交省による運輸安全マネジメント制度が2006年からスタートしている。国はこの民間認証をどう評価するだろうか。この問題を考えるには、かつて国がISO 9001認証をどのように評価してきたか、その歴史を見ることが参考になるだろう。

日本に認定機関が誕生し、ISO 9000sによる認証制度がスタートしたのが1993年11月。当時の建設省がISO 9000sパイロット工事の適用を開始したのが1996年。本格適用が決定したのが2004年4月。さらに、経審でISO認証の加点評価が決まったのが2011年4月。つまり、ISO認証制度が始まってから、国がISO 9001認証を評価基準の1つとして採用するまで11年、明確に点数評価するまでに18年かかっている。

関連記事

  1. ヒヤリ・ハットには2種類あって
  2. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  3. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  4. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」
  5. 何千もの命を救うISO 39001
  6. なんでもない天気の日に事故が起きています
  7. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  8. 京急バスの車内人身事故対策

ピックアップ記事

母は尊い

正月、実家の母に電話を入れると、いつも贈ったお歳暮をほめてくれる。昨年は洗剤の詰め合わせを贈…

ベターリビングの「カスタマイズ審査」

一般財団法人ベターリビング・システム審査登録センター(BL-QE)を訪問、上級経営管理者・後藤隆之氏…

隠したがる「所長任せの施工計画書」

建設業の審査で、隠したがるけど、すぐに見つかってしまう不適合の1つに「施工計画書のレビュー」があるそ…

目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

アイソスに「2015年 ISO 14001はこう変わる」という連載記事があります。タイトルからは、I…

「8.2.4 製品の監視及び測定」

今日は「8.2.4 製品の監視及び測定」をみてみます。2000年版では、この要求事項の第2パ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP