交通安全MS

国の評価は10年以上かかる

ISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)が10月に発行され、同時に日本での認証活動も始まった。一方、すでに日本には、国交省による運輸安全マネジメント制度が2006年からスタートしている。国はこの民間認証をどう評価するだろうか。この問題を考えるには、かつて国がISO 9001認証をどのように評価してきたか、その歴史を見ることが参考になるだろう。

日本に認定機関が誕生し、ISO 9000sによる認証制度がスタートしたのが1993年11月。当時の建設省がISO 9000sパイロット工事の適用を開始したのが1996年。本格適用が決定したのが2004年4月。さらに、経審でISO認証の加点評価が決まったのが2011年4月。つまり、ISO認証制度が始まってから、国がISO 9001認証を評価基準の1つとして採用するまで11年、明確に点数評価するまでに18年かかっている。

関連記事

  1. 高速・貸切バスに運輸安全MS義務拡大
  2. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  3. 京急バスの車内人身事故対策
  4. 国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応
  5. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  6. ヒヤリ・ハットには2種類あって
  7. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」
  8. 何千もの命を救うISO 39001

ピックアップ記事

上板塑性のTS 16949を取材

冷間鍛造による金属精密部品メーカーでは、埼玉県売上トップの上板塑性(埼玉県入間郡三芳町)を訪問、IS…

ISO 50001シンポ速報

本日、東京の経団連ホールで「ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム国際規格)の策定に関す…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

認証の移行期間の起算日

日本適合性認定協会(JAB)は9月25日、認証機関向けに「ISO(JIS Q)9001:2000発行…

エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)

出張外泊を伝えると妻子の顔が曇る寂しいからではない浮気が心配なわけでもない朝が心配な…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP