交通安全MS

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感じました。担当者はこう言っておられます。

「普通、雨の日とか、風の強い日とか、夜とかいうと車の事故が多いとか言うじゃないですか。うちは、それが全然違うのです。雨の日や風の強い日や夜は事故が少ない。逆に、ごく普通の、なんでもない天気の日に事故が起きています」

「ヒヤリ・ハットを全ドライバーに対して報告してもらったのです。勤務時間中に、ヒヤリとした時、ハットした時、いつ、どんな状況で、そう感じたかを記録してもらうわけです。すると、ヒヤリ・ハットした回数が多いドライバーと少ないドライバー、中には一度もヒヤリ・ハットしたことがないというドライバーもいましたが、その違いが記録で明らかになります。で、普通なら、ヒヤリ・ハットした回数の多い人が事故が多いと思うでしょ。ところが違うのです。ヒヤリ・ハットした回数の多いドライバーの方が、事故が少ないのです」

「ひどい事故を起こすと免取になるでしょ。すると、1ヶ月以上、仕事ができなくなって、結局仕事を辞めてしまうわけです。つまり、ひどい事故を起こした人は辞めてしまうので、ひどい事故を起こすとどうなるかという体験談を話す人が身近にいなくなりますから、みんなプロのドライバーなのに、驚くほど知らないのです、免取になったら、自分たちがどうなってしまうかを」

関連記事

  1. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  2. 国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応
  3. ANAの運航リスクマネジメント
  4. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  5. 何千もの命を救うISO 39001
  6. 京急バスの車内人身事故対策
  7. 国の評価は10年以上かかる
  8. ヒヤリ・ハットには2種類あって

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業競争力強化モデル事業(補正予算)含む中間取りまとめ案を発表

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に昨年12月に設…

Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 …

審査アンケートの今昔

私は以前から、審査機関が受審組織にお願いして書いてもらう「アンケート」なるものに不信を抱いていた。こ…

ISO/SR(ISO 26000)国内委員会を傍聴

10月16日、東京で第25回ISO/SR国内委員会が開催されたので傍聴に行った。同会はISOで現在D…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP