交通安全MS

なんでもない天気の日に事故が起きています

あるタクシー会社を取材しました。担当者とお話をしていて、頭の中で思っていることと現実とのギャップを感じました。担当者はこう言っておられます。

「普通、雨の日とか、風の強い日とか、夜とかいうと車の事故が多いとか言うじゃないですか。うちは、それが全然違うのです。雨の日や風の強い日や夜は事故が少ない。逆に、ごく普通の、なんでもない天気の日に事故が起きています」

「ヒヤリ・ハットを全ドライバーに対して報告してもらったのです。勤務時間中に、ヒヤリとした時、ハットした時、いつ、どんな状況で、そう感じたかを記録してもらうわけです。すると、ヒヤリ・ハットした回数が多いドライバーと少ないドライバー、中には一度もヒヤリ・ハットしたことがないというドライバーもいましたが、その違いが記録で明らかになります。で、普通なら、ヒヤリ・ハットした回数の多い人が事故が多いと思うでしょ。ところが違うのです。ヒヤリ・ハットした回数の多いドライバーの方が、事故が少ないのです」

「ひどい事故を起こすと免取になるでしょ。すると、1ヶ月以上、仕事ができなくなって、結局仕事を辞めてしまうわけです。つまり、ひどい事故を起こした人は辞めてしまうので、ひどい事故を起こすとどうなるかという体験談を話す人が身近にいなくなりますから、みんなプロのドライバーなのに、驚くほど知らないのです、免取になったら、自分たちがどうなってしまうかを」

関連記事

  1. 京急バスの車内人身事故対策
  2. 「支払い保険金額」にみる運輸安全マネジメント効果
  3. ヒヤリ・ハットには2種類あって
  4. 国の評価は10年以上かかる
  5. ANAの運航リスクマネジメント
  6. 「道路交通安全マネジメント」 ISO認証制度と国の制度との違い
  7. 何千もの命を救うISO 39001
  8. 環境・安全目標は「走行距離の無駄をなくす」

ピックアップ記事

アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000

認定されたFSSC 22000認証でないと、正式なものとは言えない。正確に言えば、認定機関か…

ISO 50001とISO 14001との相違点(2)

「ISO 50001とISO 14001との主要相違点」の第2回目。ISO 50001の「4…

タイで水没した設計図面

タイで工場が浸水して大きな被害を受けたある企業を取材しました。今月になって、何百人もの社員がタイから…

新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析セミナー」

月刊アイソス主催による「なぜなぜ分析セミナー」を10月28日に東京で開催しました。講師は門岡淳さん(…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP