マネジメントシステム運用

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

fujitsu_usami.jpg国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカーが海外に拠点を移す中、国内に留まる「国産最後の砦」。顧客は企業が9割を占め、後工程引き取りによる小ロット・混流生産でリードタイムを短縮し、品質を継続的に向上。この10年間で、社内不良は、プリント基板製造で10分の1、装置製造で2分の1に減少し、リードタイムも5分の1に短縮、さらにコストも製品付加価値向上を見込むと2分の1になっている。同社のQMSの取り組みが高く評価され、今年3月に2014年度「JABアワード」を受賞。アイソスでは、同社代表取締役社長の宇佐美隆一氏(写真)から、QMS活動の成果とその要因、今後の課題について話を聞いた。このインタビュー記事は、アイソス2016年新年号(2015年12月10日発行)に掲載される。

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(4)
  2. 品質方針は「予防」
  3. リコーの先読みQMS
  4. 学校サバイバル9000
  5. ISOの修羅場
  6. 京都で目的逸脱の幸運
  7. 久米均さんのISO観(1)
  8. はてな的「作業環境」

ピックアップ記事

訃報 中尾元子

母が亡くなりました。真夜中に大阪の姉から電話があり呼吸困難で亡くなったことを知りました。…

JQA契約審査員の世界

審査機関と契約している審査員には、プロパー審査員(通常の企業で言うところの正社員)と契約審査員がいま…

第8回是正処置WS

5月23日午前10時から午後6時半まで、審査道無風流主催による第8回是正処置ワークショップ(WS)が…

石坂産業の事例 ISO 50001とデータマイニング

埼玉県の産業廃棄物中間処理業者・石坂産業(写真:畝本典子社長)のISO 50001の取り組みを取材し…

RADWIMPSの知恵

良い審査機関の代表者安かろう悪かろうな審査をやる『悪い審査機関』を日本の制度から排除しなければな…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP