マネジメントシステム運用

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

fujitsu_usami.jpg国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカーが海外に拠点を移す中、国内に留まる「国産最後の砦」。顧客は企業が9割を占め、後工程引き取りによる小ロット・混流生産でリードタイムを短縮し、品質を継続的に向上。この10年間で、社内不良は、プリント基板製造で10分の1、装置製造で2分の1に減少し、リードタイムも5分の1に短縮、さらにコストも製品付加価値向上を見込むと2分の1になっている。同社のQMSの取り組みが高く評価され、今年3月に2014年度「JABアワード」を受賞。アイソスでは、同社代表取締役社長の宇佐美隆一氏(写真)から、QMS活動の成果とその要因、今後の課題について話を聞いた。このインタビュー記事は、アイソス2016年新年号(2015年12月10日発行)に掲載される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発…
  2. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  3. はてな的「作業環境」
  4. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  5. 久米均さんのISO観(1)
  6. 久米均さんのISO観(3)
  7. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  8. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS

ピックアップ記事

速報 JAB/ISO 9001公開討論会(2009)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)主催による「第16回 JAB/ISO9001公開討論会」が3月1…

「クリーン監査」を学ぶ

アイソス主催・山上裕司(イノベイション代表取締役)講師によるISOファシリテーションセミナーを5月1…

【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

認証機関・建材試験センター(JTCCM)の鈴木昌栄審査部長に、気づきの質問のコツを教えてもらった。…

電子書籍『日常用語で読み解くISO 9001』に関するQ&A

3月28日、Amazon.co.jp カスタマーサービスから、システム規格社発行の電子書籍(Kind…

【ISOS Review】奥村朋子氏”二者監査のコツ” その1

─ せっかくの機会なので、二者監査のコツについて教えてください。サプライヤーや顧客からの提供データだ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP