マネジメントシステム運用

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

fujitsu_usami.jpg国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカーが海外に拠点を移す中、国内に留まる「国産最後の砦」。顧客は企業が9割を占め、後工程引き取りによる小ロット・混流生産でリードタイムを短縮し、品質を継続的に向上。この10年間で、社内不良は、プリント基板製造で10分の1、装置製造で2分の1に減少し、リードタイムも5分の1に短縮、さらにコストも製品付加価値向上を見込むと2分の1になっている。同社のQMSの取り組みが高く評価され、今年3月に2014年度「JABアワード」を受賞。アイソスでは、同社代表取締役社長の宇佐美隆一氏(写真)から、QMS活動の成果とその要因、今後の課題について話を聞いた。このインタビュー記事は、アイソス2016年新年号(2015年12月10日発行)に掲載される。

関連記事

  1. 【ISOS Review】 UNIDOのISO9001マーケット…
  2. プロセスアプローチに関する3つの問題
  3. 毎月の品質会議をMRにすればいい?
  4. 施工品質マニュアルを全文掲載
  5. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  6. 山上裕司氏渾身の執筆「学習するマネジメントシステム」
  7. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  8. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

ピックアップ記事

地震お見舞い

本ブログで記事でご登場いただいた、あるいはコメントをいただいた東北地方在住(あるいはご実家が東北地方…

JMA主催のISO大会初日

日本能率協会主催の「第1回 ISOマネジメント成果事例発表大会」が1月28日より3日間、東京のベルサ…

「FOOD SAFETY DAY JAPAN 2014」の講演概要速報(午後の部)

前日のFOOD SAFETY DAY JAPAN 2014の記事の続きで、午後のプログラム内容を紹介…

速報 第17回 JAB/ISO 9001公開討論会

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は5月30日午前10時から午後4時30分まで、東京・ビッグサ…

エラープルーフ 代替編 その1(中尾家の場合)

出張外泊を伝えると妻子の顔が曇る寂しいからではない浮気が心配なわけでもない朝が心配な…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP