マネジメントシステム運用

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

fujitsu_usami.jpg国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカーが海外に拠点を移す中、国内に留まる「国産最後の砦」。顧客は企業が9割を占め、後工程引き取りによる小ロット・混流生産でリードタイムを短縮し、品質を継続的に向上。この10年間で、社内不良は、プリント基板製造で10分の1、装置製造で2分の1に減少し、リードタイムも5分の1に短縮、さらにコストも製品付加価値向上を見込むと2分の1になっている。同社のQMSの取り組みが高く評価され、今年3月に2014年度「JABアワード」を受賞。アイソスでは、同社代表取締役社長の宇佐美隆一氏(写真)から、QMS活動の成果とその要因、今後の課題について話を聞いた。このインタビュー記事は、アイソス2016年新年号(2015年12月10日発行)に掲載される。

関連記事

  1. 久米均さんのISO観(1)
  2. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  3. 第2回事業競争力WG傍聴記(2) ひたちなか総合病院のQMS
  4. 松本隆著:『ISO 9001に役立つTQM入門』Amazonから…
  5. 「顧客の顧客」の声を聞く
  6. 供給者満足は顧客への好悪に関係する
  7. 久米均さんのISO観(2)
  8. 京都で目的逸脱の幸運

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事

ノンアルコール飲料が流行っている。ノンISOMSS記事はいかが?アイソスはISOマネジメント…

アミタの取材を受ける

先日、廃棄物管理ソリューションと環境マーケティング支援を主事業とされているアミタエコブレーンという会…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

ケアと審査の共通点

ケアサービスの世界では、購買者と利用者が一致しない。例えば老人ホームにとっての購買者は家族である。家…

審査員の基本三法

「ISO審査員が、組織人からプロフェッショナルになるためには、3つのルールを知っていなければならない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP