マネジメントシステム運用

国産ノートPC最後の砦 島根富士通・宇佐美社長に聞く

fujitsu_usami.jpg国内で生産されるノートPCの約8割を製造、年間約200万台を世界中に出荷している島根富士通。他メーカーが海外に拠点を移す中、国内に留まる「国産最後の砦」。顧客は企業が9割を占め、後工程引き取りによる小ロット・混流生産でリードタイムを短縮し、品質を継続的に向上。この10年間で、社内不良は、プリント基板製造で10分の1、装置製造で2分の1に減少し、リードタイムも5分の1に短縮、さらにコストも製品付加価値向上を見込むと2分の1になっている。同社のQMSの取り組みが高く評価され、今年3月に2014年度「JABアワード」を受賞。アイソスでは、同社代表取締役社長の宇佐美隆一氏(写真)から、QMS活動の成果とその要因、今後の課題について話を聞いた。このインタビュー記事は、アイソス2016年新年号(2015年12月10日発行)に掲載される。

関連記事

  1. 東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%
  2. 新経審施行後のCAの行方
  3. 飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート
  4. 新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」
  5. リコーの先読みQMS
  6. 品質方針は「予防」
  7. 久米均さんのISO観(1)
  8. 供給者満足は顧客への好悪に関係する

ピックアップ記事

次期ISO 9001規格の最新動向 その2

前日に続いて、ISO/TC176国内対応委員会副委員長・棟近雅彦氏による講演「次期ISO 9001規…

ISO 50001と省エネ法のダブルスタンダードを避ける

つくば市にある産業技術総合研究所に行ってきました。ISO 50001(エネルギーマネジメントシステム…

【ISOS Review】 鍋屋バイテック 経営指標としてのエネルギー売上原単位

「(ISO 50001の)認証取得に取り組む中で、生産指標のパラメーターとして、ギガジュール(GJ)…

「0.2 プロセスアプローチ」

今日はISO 9001の「0.2 プロセスアプローチ」の2008年版における変更点をチェックしてみま…

ヒューマンエラー防止2原則

ヒューマンエラーに関する中條武志さんの研究は有名ですが、同分野に限った著作というのは出しておられない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP