ISOS Review

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。今回は坂爪真吾さん(ホワイトハンズ代表)。

板爪さんは、大学生時代に性風俗産業の研究をしていて、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業に対して、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」性産業で起業しようと考えた。そこで取り組んだのが、自力での射精行為が困難な脳性まひや神経難病の男性重度身体障がい者を利用対象者とする「射精介助サービス」。2008年4月に開業し、現在では全国18ヵ所に拠点があるという。

チラシを配るだけで捕まる。助成金申請はすべて落選。NPO法人化は3回落ちている。発想だけでもすごいのに、それをやり遂げてしまうところがすごい。あるいは、やり遂げれる人だから、発想できるのか。
(詳細はアイソス6月号94ページ)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 IDECの成功する国際標準化戦略
  2. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  3. 【ISOS Review】 ISOに日本人が提案したモデル
  4. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  5. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?
  6. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原
  7. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  8. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃

ピックアップ記事

為定明雄氏の特別講演 速報

10月23日に開催された「日科技連 ISO推進者会議 50回記念大会」の特別講演「消費の変化と顧客づ…

速報 QMS/EMS認証件数(09.06)

JABは8月19日付のプレスリリースで、2009年6月末時点での国内のISOマネジメントシステム認証…

仁義なき戦い

最近、東京・浜松町駅前ビルの国際貿易センタービル内にある「ブックストア談」という書店が「アイソス」を…

自分に染みついているもの

私の町には市民用に無料で開放されている卓球場があります。そこへ中学生の息子と一緒に行った時のことです…

ANAの運航リスクマネジメント

ANAグループの運航リスクマネジメントについて、全日本空輸・安全推進センター安全推進部安全マネジメン…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP