ISOS Review

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。今回は坂爪真吾さん(ホワイトハンズ代表)。

板爪さんは、大学生時代に性風俗産業の研究をしていて、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業に対して、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」性産業で起業しようと考えた。そこで取り組んだのが、自力での射精行為が困難な脳性まひや神経難病の男性重度身体障がい者を利用対象者とする「射精介助サービス」。2008年4月に開業し、現在では全国18ヵ所に拠点があるという。

チラシを配るだけで捕まる。助成金申請はすべて落選。NPO法人化は3回落ちている。発想だけでもすごいのに、それをやり遂げてしまうところがすごい。あるいは、やり遂げれる人だから、発想できるのか。
(詳細はアイソス6月号94ページ)

関連記事

  1. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  2. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  3. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  4. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感
  5. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  6. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  7. 【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記…
  8. 【ISOS Review】 Ellenの物語

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

飯塚悦功プロジェクト第4弾の映像を掲載します。今回の映像は、アイソス2009年2月号の連載前…

過去トラ

先日、10年前の娘と10年前の妻から、我が家に手紙が届きました。これは、娘が小学5年生だった時の学校…

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確にな…

ISOへの寄稿

ISOが発行している機関誌の1つである「ISO Management Systems」の編集長・…

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP