ISOS Review

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。今回は坂爪真吾さん(ホワイトハンズ代表)。

板爪さんは、大学生時代に性風俗産業の研究をしていて、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業に対して、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」性産業で起業しようと考えた。そこで取り組んだのが、自力での射精行為が困難な脳性まひや神経難病の男性重度身体障がい者を利用対象者とする「射精介助サービス」。2008年4月に開業し、現在では全国18ヵ所に拠点があるという。

チラシを配るだけで捕まる。助成金申請はすべて落選。NPO法人化は3回落ちている。発想だけでもすごいのに、それをやり遂げてしまうところがすごい。あるいは、やり遂げれる人だから、発想できるのか。
(詳細はアイソス6月号94ページ)

関連記事

  1. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ
  2. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  3. 【ISOS Review】 アイソスが11年ぶりにTS 1694…
  4. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  5. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  6. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  7. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  8. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し

ピックアップ記事

息子の言い分

昨日さあ、柔道の試合に弁当持っていったの。だけど、会場でけっこう忙しくて、食べる暇がなくて、半分…

「8.2.2 内部監査」

「8.2.2 内部監査」を見てみましょう。最後のパラグラフで次のような文が出てきます。「…

皆様 本年もお世話になりました!

アイソス日記読者の皆様。本年もお世話になりました。プライベートでは、今年は4つのことをや…

飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

飯塚悦功プロジェクト第9弾の映像を掲載します。タイトルは「医療に品質管理の手法導入」です。…

Food Safety Day Japan 2013(7) 日本コカ・コーラは農産物にフォーカス

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP