ISOS Review

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。今回は坂爪真吾さん(ホワイトハンズ代表)。

板爪さんは、大学生時代に性風俗産業の研究をしていて、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業に対して、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」性産業で起業しようと考えた。そこで取り組んだのが、自力での射精行為が困難な脳性まひや神経難病の男性重度身体障がい者を利用対象者とする「射精介助サービス」。2008年4月に開業し、現在では全国18ヵ所に拠点があるという。

チラシを配るだけで捕まる。助成金申請はすべて落選。NPO法人化は3回落ちている。発想だけでもすごいのに、それをやり遂げてしまうところがすごい。あるいは、やり遂げれる人だから、発想できるのか。
(詳細はアイソス6月号94ページ)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  2. 【ISOS Review】 圧巻! 米戸靖彦さんの9004解説記…
  3. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  4. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  5. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  6. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  7. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原
  8. 【ISOS Review】 「サロンで議論」の快感

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(09.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月18日付のプレスリリースで、2009年12月末時点での国内…

群馬で講演

群馬県で「取材で見たISO-MSの先進事例」というテーマで1時間ほど講演をさせていただきました。講演…

中高年諸君 車中でそう言われたらどうする?

心やさしい若者の前に立ったとき「どうぞ」と言われたらどうする?老人に席を譲ろうとすると…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.9)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は10月31日付のプレスリリースで、2012年9月末時点での国内…

世界規模で二者監査委託

世界規模で取引先の二者監査を複数の認証機関に委託している某食品メーカーのオーディットマネージャーと、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP