ISOS Review

【ISOS Review】「射精介助」という発想

アイソス連載記事の「社会起業家を支援しよう!」には、毎回、逆転の発想を持つ尊敬すべき人物が登場する。今回は坂爪真吾さん(ホワイトハンズ代表)。

板爪さんは、大学生時代に性風俗産業の研究をしていて、「関わった人全員が、もれなく不幸になる」性風俗産業に対して、「関わった人全員が、もれなく幸せになる」性産業で起業しようと考えた。そこで取り組んだのが、自力での射精行為が困難な脳性まひや神経難病の男性重度身体障がい者を利用対象者とする「射精介助サービス」。2008年4月に開業し、現在では全国18ヵ所に拠点があるという。

チラシを配るだけで捕まる。助成金申請はすべて落選。NPO法人化は3回落ちている。発想だけでもすごいのに、それをやり遂げてしまうところがすごい。あるいは、やり遂げれる人だから、発想できるのか。
(詳細はアイソス6月号94ページ)

関連記事

  1. 【ISOS Review】 Ellenの物語
  2. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  3. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  4. 【ISOS Review】 人の問題に移行する刹那
  5. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  6. 【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができな…
  7. 【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ
  8. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

ピックアップ記事

テクノファ新社長に青木恒享氏

研修機関・テクノファの代表取締役が4月1日付で交代、前社長の平林良人氏は取締役会長となり、前常務の青…

ヨーガ断食合宿3日目 疲労蓄積と便秘

はじめて神殿での朝のお祈りに参加する。午前6時から始まるので、その10分前に女性宿舎の2階にある神殿…

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(1)

私がブログを始めようと思い立ったのは、梅田望夫(写真)著「ウェブ時代をゆく」の影響です。中でも、同書…

Food Safety Day Japan 2013(6) グローバル・フード・セーフティ・ネットワークの日本事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

学校から呼び出されて

「親の顔がみたい」と言う親の顔は見たくない。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP