研修

仕掛ける内部監査員研修の予告編

JUSE.jpg日本科学技術連盟ISO研修事業部を訪問し、北崎洋司・研修業務一課課長と波田野崇・研修業務二課課長にお会いしました。同事業部の研修講師を務める日吉信晴さんと奥村朋子さんのご紹介によるものです。私が本ブログで、ある機関の内部監査員向けの研修内容を紹介したところ、日吉&奥村さんから「それくらいのことだったら、うち(日科技連)でもやってるぞ!」と言われ、さらに「うちでは、もっとおもいろいことを企画しているので、一度話を聞きに来ては?」と誘われたので、お伺いした次第。

北崎さん曰く、「今までの内部監査員研修というのは、どちらかというと『守り』中心だった。どのようなシステムを構築し、どのような内部監査をすれば、審査をやり過ごすことができるかというものだ。今後は『仕掛ける』ための内部監査員研修をやりたい。システムを構築した上で、自分たちはいったい何をやっていくのか。困っていることに、どのように対応していくのか。そういったことに取り組むための内部監査を提案したい。今は内部監査をすること自体が目的になっている。そうではなくて、内部監査という道具を使って、会社を良くするために何をするのかが大事なのだ。『仕掛ける』ための内部監査員研修のコンテンツについてはまだ詳細は決まっていないが、9月から関係者と議論をしながら中身を提案していきたい」
(写真:左・波田野さん、右・北崎さん)

関連記事

  1. 受講生のバラツキをどうするか
  2. ISO 50001審査員研修スタート
  3. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  4. テクノファ新社長に青木恒享氏
  5. 砂川清榮さんがアイソス初登場
  6. 二者監査員研修のPV撮影
  7. JQAIと連載打ち合わせ

ピックアップ記事

Amazonから「FSSC 22000事例集」(電子書籍)を発行

アイソス編集部が取材したFSSC 22000(食品安全マネジメントシステム)認証組織の中からエクセレ…

審査員70歳定年の敢行

「そろそろ人生を整理したいと思いまして・・・」という切り出しで、アイソス読者から電話がかかってきた。…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その5

今回は、アイソス8月号の連載記事「門岡 淳の『不適合を生かす!』 なぜなぜ分析を一緒にやってみよう …

吉澤正さんを悼む

筑波大学名誉教授の吉澤正(よしざわ・ただし)さんが2012年12月17日、脳出血でお亡くなりになった…

「7.5.5 製品の保存」

サービス業から評判が悪い要求事項がこの「7.5.5 製品の保存」です。「保存には、識別、取扱い、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP