研修

テクノファ新社長に青木恒享氏

aokibest研修機関・テクノファの代表取締役が4月1日付で交代、前社長の平林良人氏は取締役会長となり、前常務の青木恒享(あおき・つねみち)氏が代表取締役となった。

青木氏は、1965年3月29日生まれ、48歳。1988年に安田信託銀行に入社、1999年にテクノファへ。2007年に同社取締役(教育訓練部長)、2010年に同社常務取締役(研修事業部長兼事業開発部長)就任を経て、現在に至る。

 

就任当日のフェイスブックでの挨拶は下記の通り。

皆様こんばんは。
わたくこと本日、株式会社テクノファの代表取締役に就任致しました。社員数21名の小さな会社とはいえ、今年20年を迎えまた、ISO業界においてはおか げさまでそれなりに知られるようになっている会社です。前任は創業社長であり、業界では知らない人がいないほどの有名人、国際人であることから、その後を 受けての社長業にはどれほどの苦難が待ち受けているか想像もつきません。しかしながらせっかく与えて頂いたチャンスですので、精一杯務めたいと思っており ます。ひきつづぎご指導、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 仕掛ける内部監査員研修の予告編
  2. 受講生のバラツキをどうするか
  3. 砂川清榮さんがアイソス初登場
  4. 二者監査員研修のPV撮影
  5. JQAIと連載打ち合わせ
  6. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  7. ISO 50001審査員研修スタート

ピックアップ記事

サプライヤー要求を強化

ヨーグルトでお馴染みのダノンジャパンは、昨年10月にFSSC 22000(GFSI承認の食品安全マネ…

SSMシンポに190名参加

日科技連主催による「第4回知識構造化シンポジウム」が9月7日、午後1時30分から5時まで日科技連本部…

Vantage Point オープンソース

ISO 50001 should not been considered first on cert…

【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く

「ISO認証件数の見かけの数字を見て悲観することはない。ISO認証が成熟期に入り、認証目的が明確にな…

KJ法の川喜田喜美子さんと話す

最近、KJ法に凝っています。一度、本家に話を聞いてみようと思い、KJ法本部・川喜田研究所に電…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP