研修

テクノファ新社長に青木恒享氏

aokibest研修機関・テクノファの代表取締役が4月1日付で交代、前社長の平林良人氏は取締役会長となり、前常務の青木恒享(あおき・つねみち)氏が代表取締役となった。

青木氏は、1965年3月29日生まれ、48歳。1988年に安田信託銀行に入社、1999年にテクノファへ。2007年に同社取締役(教育訓練部長)、2010年に同社常務取締役(研修事業部長兼事業開発部長)就任を経て、現在に至る。

 

就任当日のフェイスブックでの挨拶は下記の通り。

皆様こんばんは。
わたくこと本日、株式会社テクノファの代表取締役に就任致しました。社員数21名の小さな会社とはいえ、今年20年を迎えまた、ISO業界においてはおか げさまでそれなりに知られるようになっている会社です。前任は創業社長であり、業界では知らない人がいないほどの有名人、国際人であることから、その後を 受けての社長業にはどれほどの苦難が待ち受けているか想像もつきません。しかしながらせっかく与えて頂いたチャンスですので、精一杯務めたいと思っており ます。ひきつづぎご指導、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  2. 砂川清榮さんがアイソス初登場
  3. 受講生のバラツキをどうするか
  4. JQAIと連載打ち合わせ
  5. 二者監査員研修のPV撮影
  6. 仕掛ける内部監査員研修の予告編
  7. ISO 50001審査員研修スタート

ピックアップ記事

ぺんてる茨城工場の内部監査の工夫

ぺんてる茨城工場は1995年からISO 9001を導入しており、ISO 14001認証を取得してから…

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

建材試験センター創立50周年式典開く

一般財団法人建材試験センター(JTCCM)が本日、午後3時から5時まで、東京會舘ローズルームで「創立…

東日本震災寄稿 目次

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) に関するアイソス日記への寄稿(2011年3月23日から)を集め…

「手引き書」守らないと手を引きます

ISO規格でタイトルに「手引き」と付けば、guidelineかguidanceの訳語で、「これは要求…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP