研修

砂川清榮さんがアイソス初登場

2014_sunagawa.jpgISO研修機関である株式会社グローバルテクノの代表取締役である砂川清榮さん(写真)からマネジメント論について話を聞いた。砂川さんとは知り合ってもう22年になる。システム規格社(月刊誌アイソスの出版社)創立以前、私がまだ業界紙の記者をしていた時代からのお付き合いなのに、インタビューをしたのは今回が初めて。なので、アイソス初登場となる。インタビュー記事はアイソス2015年1月号(2014年12月10日発行)に掲載予定。お楽しみに。

関連記事

  1. 受講生のバラツキをどうするか
  2. 二者監査員研修のPV撮影
  3. 仕掛ける内部監査員研修の予告編
  4. ISO 50001審査員研修スタート
  5. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  6. JQAIと連載打ち合わせ
  7. テクノファ新社長に青木恒享氏

ピックアップ記事

【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃

月刊誌「アイソス」の編集をやって12年になりますが、このような記事は見たことがありません。ふつう、企…

世界規模で二者監査委託

世界規模で取引先の二者監査を複数の認証機関に委託している某食品メーカーのオーディットマネージャーと、…

速報 QMS/EMS認証件数(2011.6)

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)は8月3日付のプレスリリースで、2011年6月末時点での国内…

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

日本の標準化政策はすごいぞ

夕食後、浴室からシャンプーとリンスを持ち出し、テーブルの上に置いて、「さあ、目をつむったまま触るだけ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP