研修

砂川清榮さんがアイソス初登場

2014_sunagawa.jpgISO研修機関である株式会社グローバルテクノの代表取締役である砂川清榮さん(写真)からマネジメント論について話を聞いた。砂川さんとは知り合ってもう22年になる。システム規格社(月刊誌アイソスの出版社)創立以前、私がまだ業界紙の記者をしていた時代からのお付き合いなのに、インタビューをしたのは今回が初めて。なので、アイソス初登場となる。インタビュー記事はアイソス2015年1月号(2014年12月10日発行)に掲載予定。お楽しみに。

関連記事

  1. JQAIと連載打ち合わせ
  2. テクノファ新社長に青木恒享氏
  3. ISO 50001審査員研修スタート
  4. 二者監査員研修のPV撮影
  5. 受講生のバラツキをどうするか
  6. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  7. 仕掛ける内部監査員研修の予告編

ピックアップ記事

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

米国本気のISO 50001

ISO 9001:2000作成時に「顧客満足」と「継続的改善」の要求事項を強硬に入れてきた米国、IS…

JQA契約審査員の世界

審査機関と契約している審査員には、プロパー審査員(通常の企業で言うところの正社員)と契約審査員がいま…

ケアと審査の共通点

ケアサービスの世界では、購買者と利用者が一致しない。例えば老人ホームにとっての購買者は家族である。家…

ジョーバ

食後、椅子にすわってくつろいでいると、娘がひざの上に乗ってきたので、「ジョーバ! ジョーバ!…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP