研修

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規格もよく読んでいる人もいます。このような受講生のレベルのバラツキを、講師はどのようにクリアしているのでしょうか。先日、研修機関の講師の方2人と飲みながら、この点を取材させてもらいました。

審査機関や研修機関が開催している内部監査員コースは2日間コースが一般的ですが、初日の午前中か午後イチくらいの早いタイミングで、演習をやります。講師は受講生の演習を見て、どの人がどれくらいのレベルかをつかみます。一番上のレベルはどれくらいか、一番下のレベルはどれくらいか。そして、初日のうちに下のレベルを上げることで、全体の底上げをはかります。そのあと、一番上のレベルの人も満足できるような内容も、講義や演習に組み入れていくそうです。研修機関としての内部監査員コースの標準テキストはあるものの、それを相手のレベルに応じてカスタマイズしながら教えているわけです。

このようなプロセスを踏むためには、研修生の理解度が今どれくらいまで来ているかを常に見ておかなればなりません。なので、講師を別の方にバトンタッチしても、研修会場に残って受講生を観察しているそうです。(2日間の研修の場合、通常は、1人の講師がぶっ通しで担当するのではなく、2人の講師が交替しながらやります。講師役をバトンタッチすると、控え室で休憩したり、別の仕事をしたりして、研修会場には顔を見せない講師の方もおられます)

関連記事

  1. テクノファ新社長に青木恒享氏
  2. 二者監査員研修のPV撮影
  3. 仕掛ける内部監査員研修の予告編
  4. ISO 50001審査員研修スタート
  5. JQAIと連載打ち合わせ
  6. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  7. 砂川清榮さんがアイソス初登場

ピックアップ記事

「1.2 適用」「2. 引用規格」「3. 用語及び定義」

今日はISO 9001:2008の「1.2 適用」から「3. 定義」までで、2000年版から変更のあ…

娘の指導を仰ぐ

「お父さんに生理体操を教えてあげる」娘が真顔でそう言った。どうして男の私に生理体操を教え…

福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」

「ソトコト」という月刊誌を読んでいると、いまの編集部の理論的支柱は「福岡伸一」だな、とわかります。月…

茂木健一郎の「アウェー脳を磨け!」を読んで

「今ちょっと元気がなくなってるな」と思った時は、本屋に行って、茂木健一郎か斎藤孝の著書を買って読むこ…

解決策が新たな問題を生む当地ゴミ事情

地元の自治会の役員会に出席しました。どこもそうでしょうけど、当地も「環境」が重要課題になっています。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP