研修

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規格もよく読んでいる人もいます。このような受講生のレベルのバラツキを、講師はどのようにクリアしているのでしょうか。先日、研修機関の講師の方2人と飲みながら、この点を取材させてもらいました。

審査機関や研修機関が開催している内部監査員コースは2日間コースが一般的ですが、初日の午前中か午後イチくらいの早いタイミングで、演習をやります。講師は受講生の演習を見て、どの人がどれくらいのレベルかをつかみます。一番上のレベルはどれくらいか、一番下のレベルはどれくらいか。そして、初日のうちに下のレベルを上げることで、全体の底上げをはかります。そのあと、一番上のレベルの人も満足できるような内容も、講義や演習に組み入れていくそうです。研修機関としての内部監査員コースの標準テキストはあるものの、それを相手のレベルに応じてカスタマイズしながら教えているわけです。

このようなプロセスを踏むためには、研修生の理解度が今どれくらいまで来ているかを常に見ておかなればなりません。なので、講師を別の方にバトンタッチしても、研修会場に残って受講生を観察しているそうです。(2日間の研修の場合、通常は、1人の講師がぶっ通しで担当するのではなく、2人の講師が交替しながらやります。講師役をバトンタッチすると、控え室で休憩したり、別の仕事をしたりして、研修会場には顔を見せない講師の方もおられます)

関連記事

  1. JQAIと連載打ち合わせ
  2. 中産連がVDA6.3監査員コース開始
  3. 砂川清榮さんがアイソス初登場
  4. ISO 50001審査員研修スタート
  5. 二者監査員研修のPV撮影
  6. テクノファ新社長に青木恒享氏
  7. 仕掛ける内部監査員研修の予告編

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

飯塚悦功プロジェクト第5弾の映像を掲載します。タイトルは「予測を導くABC構造」です。…

食品安全の二者監査の現状

企業間で行われている二者監査が現状どうなっているかは、個別監査なのでなかなか表面化しない。だが、食品…

受講生のバラツキをどうするか

内部監査員研修コースの受講生の中には、規格をろくに読んでいない人もいれば、内部監査をすでに経験して規…

Food Safety Day Japan 2013(12) 荒茶はGGAP 製茶はFSSC

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

ヨーガ断食合宿5日目 妊娠したのかしらん

午前6時。朝のお祈り、経絡体操、瞑想に参加。経絡体操に使用する、体のツボを押さえたりマッサージしたり…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP