編集者の目

  1. 周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

    ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな対応をすれば防げたのではないか」と活動の可能性を広げて考える方法が、中田亨氏(写真:産業技術総合研究所・人工知能研究センター・知識情報研究チ…

  2. 電子書籍『日常用語で読み解くISO 9001』に関するQ&A

    3月28日、Amazon.co.jp カスタマーサービスから、システム規格社発行の電子書籍(Kind…

  3. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

    Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 …

  4. Vantage Point 個人目標

    個人目標は、個人目標であってはならない!「2007年に、社員向けに「Iビジョン手帳」というの…

  5. Amazonでアイソスの予約も可能に

    システム規格社は月刊誌『アイソス』のアマゾンでの販売を11月14日から開始しました。今のところ、売上…

  6. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

  7. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる

  8. 目的はなく、目標だけがある、大丈夫か?

  9. 松本隆さんの連載で学ぶTQM

  10. 【ISOS Review】 お嬢の関ヶ原

  11. 石井俊彦さんを悼む

内部監査

ピックアップ記事

【ISOS Review】 今の審査と14年前の審査

審査部門トップの発言の記事の比較です。お二人は別機関の別人物です。2011年の春のアイソス記事か…

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

群馬で講演

群馬県で「取材で見たISO-MSの先進事例」というテーマで1時間ほど講演をさせていただきました。講演…

オススメ記事

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

アクセスの多い記事

周囲の人のおせっかいがヒューマンエラーを防ぐ

ヒューマンエラーの原因究明を行う際、「深掘り」が王道と思われがちだが、人への責任追及をせず、「こんな…

リスクは「未来の指標」

リスクというのは基本的に「未来の指標」だということを意識する必要があります。ISOマネジメントシステ…

規格説明会参加組織にJIS版無償配布

認証機関による登録組織向けのISO 9001/14001:2015年版規格説明会が昨年末から全国各地…

PAGE TOP