環境

エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う

541-ecostage.jpgエコステージ」というと、「エコアクション21」「KES」とともに、コンサルティングがセットになった簡易EMS認証のイメージが強いが、その意図するところは中小企業のための環境経営システムの構築支援にある。エコステージというと、比較的認証費用が安く(最近はISO認証費用が下降しているので、あまり割安感はなくなっているが)、しかもISO 14001よりもワンランク下のレベルの評価があるというところに関心が集まりがち。しかし、本当のウリはコンサルティングだろう。

コンサルティングの特徴は「5Sの定着」「ムダ・ムラ・ムリの排除」「PDCAを確実に回す」の3点。環境に特化したコンサルティングではなく、むしろ経営体質の基本強化が狙いである。このコンサルティングは、初回登録時だけでなく、サーベイランスや更新時にも毎年実施されるので、年度を追うごとに組織がステップアップをはかるのを支援してくれる。

実は私も、エコステージにおけるコンサルティングは、きっと環境に特化した内容だろうと思っていた。しかし、昨日、エコステージの古賀剛志・理事長(写真、2012年6月就任)と峯崎哲・全国事務局長にお目にかかって、経営システムの基本構築を支援してくれる仕組みであることに気づいた次第。

関連記事

  1. 解決策が新たな問題を生む当地ゴミ事情
  2. カーボンフットプリント制度説明会速報
  3. アミタの取材を受ける
  4. 環境プランナー・ベーシック

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(2013.03) OHSASの規模が明らかに

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は4月30日付のプレスリリースで、2013年3月末時点での国内I…

RADWIMPSの知恵

良い審査機関の代表者安かろう悪かろうな審査をやる『悪い審査機関』を日本の制度から排除しなければな…

「なぜなぜ分析セミナー」への門岡淳さんのメッセージ

月刊アイソス2011年4〜9月号に連載された『門岡淳の「不適合を生かす!」 なぜなぜ分析を一緒にやっ…

アイソスのお目当て記事は?

アイソス編集部では、3月下旬から4月上旬にかけて、ランダムに選出したアイソス長期購読者(主に認証組織…

「8.4 データ分析」

「8.4 データ分析」では、参照先についての見直しが行われました。そのほかは変更ありません。…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP