環境

解決策が新たな問題を生む当地ゴミ事情

地元の自治会の役員会に出席しました。どこもそうでしょうけど、当地も「環境」が重要課題になっています。

年に3回実施する環境整備(ゴミ拾い)は自治会が主催するのですが、これまでは自治会に入っていない家の人には声をかけていませんでした。ですが人手不足なので、非自治会員の家にも参加を依頼する回覧板を回すことにしたのです。すると、多くの非自治会員の方々が参加してくれるようになりました。しかし、一方で、参加している非自治会員が参加していない非自治会員の方を非難するようになり、仲違いが起こりました。また、環境整備の日が、非自治会員を含めた地域全員に事前に周知されるようになったので、その日の前日とか前々日にわざわざ山林や田んぼのあぜ道などにゴミを捨てる人が出てきました。自治会の会合では「だから、最初から自治会の人間だけで環境整備をやっとけば良かったんだ!」と怒り出す人まで出る始末。

Aという問題が起こり、それに対してBという対策をしたら、そのために新たなCという問題が生じた、まさにシステム思考を試すケーススタディのようでした。

関連記事

  1. カーボンフットプリント制度説明会速報
  2. 環境プランナー・ベーシック
  3. アミタの取材を受ける
  4. エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 通りすがり
    • 2011年 1月 25日

    ゴミ拾いに参加した実績をクレジット化して、通常より多く参加した人が非参加の人に買ってもらう制度にしたらどうでしょうか。汗を流して地域に貢献することができないのなら、お金で貢献すればいいのです。
    もしこの考えがおかしいのなら、国家間、企業間のCO2排出権売買もおかしいということになります。

    • 中尾優作
    • 2011年 1月 25日

    なるほど! そういうやり方があったか。
    お知恵ありがとうございます。

ピックアップ記事

「演習」は何ができないかを発見するためにやる〜渡辺研司さんへのインタビューから

事業継続マネジメントシステム(BCMS)を構築・運用している組織は、少なくとも年に1回は演習を行って…

ISO機関誌に掲載

ISOが発行している機関機関誌"ISO Management Systems"の2009年5-6月号…

JMAQAトップ・佐々木JTB会長に会う

日本能率協会審査登録センター(JMAQA)の上級経営管理者である佐々木隆氏(JTB代表取締役会長)に…

ISO推進者会議 濱口哲也氏特別講演

ISO推進者会議(略称:IPC)は10月21日に設立10周年を記念して「10周年記念大会」を開催した…

【震災寄稿 No.5】 多くの人のあたたかみを肌身で感じた2週間

茨城県北部在住で被災された方からのご寄稿です。ご近所の方々と助け合って過ごされた2週間の体験が書…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP