飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞

521-iizuka_naikaku.jpg毎年、工業標準化推進月間である10月に工業標準化事業表彰式が開催されているが、平成24年度の表彰式は10月15日、都市センターホテルで開催され、東京大学大学院の飯塚悦功氏写真右)が、「品質マネジメントシステム(ISO9000シリーズ)の健全な発展と国民的な普及に極めて顕著な功績のあった」として、同事業表彰の最高位である「内閣総理大臣表彰」を受賞した。(経済産業省のニュースリリースはこちら

koyamasan.jpgこの事業表彰には、内閣総理大臣表彰(1名)、経済産業大臣表彰(個人20名、3組織)及び産業技術環境局長表彰(個人27名)の3種類がある。「経済産業大臣表彰」では、ISO9000審査の草分け的存在であり、現在は日本規格協会・審査登録事業部判定委員会副委員長を務める古山富也氏(写真左)が受賞している。

 

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  2. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  3. 飯塚悦功プロジェクト 0
  4. Vantage Point 補講
  5. 飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」
  6. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」

ピックアップ記事

監査後に見る「監査マップ」

内部監査のあとに、今行われたばかりの内部監査のやり取りを視覚化した図を見ながら、監査側と被監査側が一…

ヨーガ断食合宿2日目 富士に縁なし

夜中の2時半頃、道場長が起こしに来てくれた。隣で寝ていたはずの香川さんは、もういなかった。短い間でし…

アミタの取材を受ける

先日、廃棄物管理ソリューションと環境マーケティング支援を主事業とされているアミタエコブレーンという会…

カーボンフットプリントのISO化は遅れ気味

カーボンフットプリント(CFP)の国際標準化作業を行っているISO/TC207(環境マネジメント)の…

【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に

不適合は仕事のやり方を改善する絶好の機会です。折れそうになる心を支えるためにそう思うことにしましょう…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP