飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞

521-iizuka_naikaku.jpg毎年、工業標準化推進月間である10月に工業標準化事業表彰式が開催されているが、平成24年度の表彰式は10月15日、都市センターホテルで開催され、東京大学大学院の飯塚悦功氏写真右)が、「品質マネジメントシステム(ISO9000シリーズ)の健全な発展と国民的な普及に極めて顕著な功績のあった」として、同事業表彰の最高位である「内閣総理大臣表彰」を受賞した。(経済産業省のニュースリリースはこちら

koyamasan.jpgこの事業表彰には、内閣総理大臣表彰(1名)、経済産業大臣表彰(個人20名、3組織)及び産業技術環境局長表彰(個人27名)の3種類がある。「経済産業大臣表彰」では、ISO9000審査の草分け的存在であり、現在は日本規格協会・審査登録事業部判定委員会副委員長を務める古山富也氏(写真左)が受賞している。

 

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  4. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  5. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 0
  7. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  8. Vantage Point 補講

ピックアップ記事

ISO認証のダブル評価

現在、国交省や東京都などに、公共工事発注側のISO認証に対する加点評価について取材をしている最中です…

群馬ISO機構が第10回記念管理責任者フォーラム開催

群馬ISO機構(事務局:CRI中央総研)主催の「ISO管理管理責任者フォーラム」が9月26日13:3…

田中勝夫さんの死を悼む

ISOソリューションサポートセンター・田中勝夫さんの奥様から、同センターを廃業した旨の葉書をいただき…

皆様、良いお年を!

ちょうどいま、自宅付近のお寺から除夜の鐘が鳴り始めました。この1年、お世話になったコメンテーター…

Food Safety Day Japan 2013(10) 日本でのパイロット実施状況

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフティ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP