飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」

飯塚悦功プロジェクト第2弾の映像を掲載します。

第1回目の映像では、
東大の修士を卒業した飯塚さんが大学に奉職し、
日科技連の品質管理コースの講師を務める中で、
製造工程で統計的手法を使って改善していくことよりも、
むしろ設計段階で予測しながら問題解決していく方が、
より重要ではないかと考えるに至るまでを紹介しました。

第2回目の映像では、
専門的な知識コンテンツが幅をきかせる大学において、
「品質管理は学問じゃない」といった逆風に悲哀を感じながらも、
知識コンテンツをうまく使いこなす支援技術はバカにならないし、
「品質管理」というのは、まさにその方法論なんだ、
と語る飯塚さんの熱弁を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 0
  2. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」
  7. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  8. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

ピックアップ記事

Vantage Point 肩透かし

「2004年度からは本格適用と位置付けてISO適用対象工事を大幅に拡大します」2004年4月…

【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章

最近、アイソス連載中の「サロンで議論」が冴えてる。3月号(2月10日発売)のタイトルは「イチローはか…

クラウドセキュリティ認証が今夏からスタート

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)認証を前提…

メスグロヒョウモンの日

近所の家に咲いているコスモスにヒョウモンチョウが数匹飛来しています。羽の一部が黒っぽいことに…

銭湯の効用

自宅の給湯器が壊れました。急遽、家族全員、車で銭湯に。夜遅く、閉店前に滑り込んだので、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP