飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」

飯塚悦功プロジェクト第6弾の映像を掲載します。

タイトルは「デキル技術者の頭の中」です。

将来起こるであろうトラブルを、
何の手がかりもなく予測することはできません。
では、何が手がかりになるのか。
過去のトラブルです。
それを思い出すことによって、
将来それとよく似たトラブルが起こることを予測します。

今回の映像では、
その「思い出すこと」を喚起させるチェックリストの話、
優秀なエンジニアは頭の中で思い出す作業をやっている話、
その作業をルールにする標準化の話、
という3部構成で、「予測」を解説しています。

 

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  3. Vantage Point 補講
  4. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

ピックアップ記事

土居さんが説くリスクのプラス影響

ISO 9001やISO 14001の2015改訂で話題になっている「リスクと機会」。この問題をアイ…

【震災寄稿 No.10】 福島の浜通りが日本地図から消されないために(2)

昨日に続いて、Shikaさんからの寄稿の後半部分を掲載します。今回の震災に対してShikaさんが…

ISO 9004:2018の詳細解説を特集

月刊アイソス7月号(6月10日発売)の特集は「ISO 9004:2018 持続する成功を達成するため…

日本規格協会主催の事業シナリオ・ワークショップ

日本規格協会主催によるセミナー「顧客価値を起点に事業を見直す 〜価値、能力・特徴、事業シナリオ〜」が…

ご近所さん

当社事務所はペンシルビルの5階にあります。この時期、まだ冷房は入りません。窓を開け、扇風機を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP