飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。
タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。

トラブル予測手法の1つであるFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)。
飯塚さんはFMEAが大好きで、人間の思考方法にぴったり合っているすごい手法だと絶賛しています。ただ、FMEAの本質をうまく説明した教科書がまったくない。それで韓国からの留学生だった鄭敬勲さんと共著でFMEAの論文を書くという話が、このビデオに出てきます。この論文のタイトルは『「連想」および「階層」概念の導入による効果的な故障モード予測』で、1996年10月に発行された日本品質管理学会の学会誌「品質」に掲載されています。

ただ、同論文を読まなくても、このビデオを見るだけで、故障モードとは何なのか、FMEAのエッセンスは何なのかを掴むことができると思います。

 

関連記事

  1. Vantage Point 補講
  2. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  3. 復刻 YouTube① 「飯塚悦功プロジェクト1〜3」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 0
  5. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

ピックアップ記事

【事業競争力WG】 事業競争力強化モデル事業(補正予算)含む中間取りまとめ案を発表

日本工業標準調査会(JISC)標準部会・適合性評価部会管理システム規格専門委員会の下に昨年12月に設…

JAB新理事長お披露目

本日、日本適合性認定協会(JAB)主催による「日本適合性認定協会 公益財団法人 移行披露」が、午後2…

【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本の意見

3月15日、ISO 9001:2008の見直しについてISOで投票が行われ、「廃止:0票、改訂・追補…

門岡淳さんの「なぜなぜ分析」問題 その3の解答

5月10日の本ブログに掲載した門岡さんの出題の解答は下記のとおりです。前回の問題の解答は、3…

アトランタ・ショック! 認定されてこそのFSSC 22000

認定されたFSSC 22000認証でないと、正式なものとは言えない。正確に言えば、認定機関か…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP