飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。
タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。

トラブル予測手法の1つであるFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)。
飯塚さんはFMEAが大好きで、人間の思考方法にぴったり合っているすごい手法だと絶賛しています。ただ、FMEAの本質をうまく説明した教科書がまったくない。それで韓国からの留学生だった鄭敬勲さんと共著でFMEAの論文を書くという話が、このビデオに出てきます。この論文のタイトルは『「連想」および「階層」概念の導入による効果的な故障モード予測』で、1996年10月に発行された日本品質管理学会の学会誌「品質」に掲載されています。

ただ、同論文を読まなくても、このビデオを見るだけで、故障モードとは何なのか、FMEAのエッセンスは何なのかを掴むことができると思います。

 

関連記事

  1. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 総目次
  5. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  6. Vantage Point 補講
  7. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」

ピックアップ記事

飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

飯塚悦功プロジェクト第9弾の映像を掲載します。タイトルは「医療に品質管理の手法導入」です。…

速報 QMS/EMS認証件数(2012.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月12日付のプレスリリースで、2012年12月末時点での国内…

ご近所さん

当社事務所はペンシルビルの5階にあります。この時期、まだ冷房は入りません。窓を開け、扇風機を…

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001』発売

Amazonから福丸典芳著『日常用語で読み解くISO 9001 〜これでJIS Q 9001がミルミ…

エコステージ理事長・古賀剛志氏に会う

「エコステージ」というと、「エコアクション21」「KES」とともに、コンサルティングがセットになった…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP