飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。
タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。

トラブル予測手法の1つであるFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)。
飯塚さんはFMEAが大好きで、人間の思考方法にぴったり合っているすごい手法だと絶賛しています。ただ、FMEAの本質をうまく説明した教科書がまったくない。それで韓国からの留学生だった鄭敬勲さんと共著でFMEAの論文を書くという話が、このビデオに出てきます。この論文のタイトルは『「連想」および「階層」概念の導入による効果的な故障モード予測』で、1996年10月に発行された日本品質管理学会の学会誌「品質」に掲載されています。

ただ、同論文を読まなくても、このビデオを見るだけで、故障モードとは何なのか、FMEAのエッセンスは何なのかを掴むことができると思います。

 

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  2. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 総目次
  5. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  6. Vantage Point 補講
  7. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  8. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

ピックアップ記事

リコーの先読みQMS

ISO認証制度、特にQMS審査の場合、「顧客の顧客」という言い方をする場合がある。認証を社会的に評価…

次期ISO 9001規格の最新動向 その1

2012年12月27日、ISO研修機関・テクノファ(平林良人社長、本社・神奈川県川崎市)主催による「…

仕入れ値をオープンにする

石油の値上がりに連動して、諸物価も値上がりしていますが、「当社は企業努力してこれだけ経費を詰めたが、…

山上裕司氏執筆によるISOファシリテーション本がAmazonから発売

山上裕司氏執筆による電子書籍『ファシリテーション技法を使ったマネジメントシステム内部監査』(発行:シ…

ISO 50001のモデル図

エネルギーマネジメントシステムの国際規格であるISO 50001の規格作成作業は、現在CD(委員会原…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP