飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」

飯塚悦功プロジェクト第7弾の映像を掲載します。
タイトルは「FMEAってスゴイ!」です。

トラブル予測手法の1つであるFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)。
飯塚さんはFMEAが大好きで、人間の思考方法にぴったり合っているすごい手法だと絶賛しています。ただ、FMEAの本質をうまく説明した教科書がまったくない。それで韓国からの留学生だった鄭敬勲さんと共著でFMEAの論文を書くという話が、このビデオに出てきます。この論文のタイトルは『「連想」および「階層」概念の導入による効果的な故障モード予測』で、1996年10月に発行された日本品質管理学会の学会誌「品質」に掲載されています。

ただ、同論文を読まなくても、このビデオを見るだけで、故障モードとは何なのか、FMEAのエッセンスは何なのかを掴むことができると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」
  3. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 総目次
  7. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」

ピックアップ記事

次男の就活と三男のツッコミと妻娘の柏手

次男から電話がかかってきた。ヘルパーになって介護施設で働きたいという。コンビニでアルバイトを…

速報 QMS/EMS認証件数(2010.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月3日付のプレスリリースで、2010 年12月末時点での国内…

ISO 50001認証が9月から入札の加点対象に

8月31日付で資源エネルギー庁は、同庁が行う総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発等)の評…

TS16949講師/試験官・川手昇三氏執筆の電子書籍発売

ISO/TS 16949審査員試験コース講師・試験官である川手昇三さん執筆の電子書籍『ISO/TS …

東京都入札参加者のISO 9001取得率は22.7%

東京都を取材しました。平成23/24年度における東京都建設工事競争入札参加者は、平成23年4月1日時…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP