飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」

飯塚悦功プロジェクト第8弾の映像を掲載します。

タイトルは「設計の不具合は、ほぼ予測できる」です。

前半部では、FTAや特性要因図はトップダウンなのでうまくいかない、人間はそんなに賢くはない、やはりボトムアップ指向のFMEAでなければダメ、という話。

後半部では、毎年日科技連主催の「設計開発における不具合未然防止のあための知識活用セミナー」で飯塚さんが「構造化知識工学ことはじめ」という講義を行っていますが、その講義の結語である「設計不具合をほぼ予測し、計画の不備を実施前にほぼ検出する方法論を確立することは可能である」について、どうしてそこまで確信を持って言えるのかを解説していただきました。

「バイオやナノテクといった最先端の技術を欲しいが、『取りこぼさない技術』も必要ではないか」という最後のメッセージは重要だと思います。

関連記事

  1. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  2. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」

ピックアップ記事

内部監査の写真って撮れないんですかね

日頃取材して思うのだが、内部監査の写真を撮っている組織が非常に少ない。当然、自社のホームページやイン…

JTCCMが建設ISOの20年を総括

森幹芳さん(建材試験センター〈JTCCM〉理事・ISO審査本部長)のアイソスでの半年間の連載が3月号…

ISOにとって「学生」とは?

ISOにとって「学生」って何でしょう?ISO 9001で話題になったのは、「学生は顧客か?」…

【震災寄稿 No.2】 震災地で見たままを発信する重要性

中堅建設会社に勤める方から投稿をいただきました。阪神・淡路大震災の経験を踏まえてのご提言です。…

少年野球とバット

誰かが新しいグローブを買って練習に初めてもってきても「使わせて、使わせて」って言う子は少ない…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP