飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

飯塚悦功プロジェクト第9弾の映像を掲載します。

タイトルは「医療に品質管理の手法導入」です。

なぜ医療分野に品質管理の手法を導入することになったのか。それは病院での事故が多発し、何とか医療の安全・安心を確保できないか、という思いからでした。病院に対して、主に工場などで活用されていた品質管理の手法を導入するだけで、医療安全・安心の底上げができる–そういう確信のもと、この取り組みは始まりました。

主な手法は2つ。1つはPCAPS(患者状態適応型パス)。これは患者の状態に応じて、どのような対応をすればよいかを示す技術コンテンツです。もう1つは、QMS-H(Quality Management System for Healthcare)。病院がどのような品質保証体系図になっていて、どのような業務プロセスで動いているかを示すQMSモデルです。

これは数年がかりのプロジェクトで、現在も進行中です。このプロジェクトは、医療関係者だけでなく、社会全体で取り組むべき課題であるということで、東大の飯塚研究室の講座名も「医療社会システム工学」という名称になっています。

今回の編集では、テロップ入力を娘(中尾朱里)に手伝ってもらいました。
では、YouTubeに掲載した映像をご覧ください。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 0
  4. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  8. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

ピックアップ記事

いずみ市民生協がゲスト監査員を招いてDO監査実施

大阪いずみ市民生活協同組合(本部・大阪府堺市、以下、いずみ市民生協)は、8月1〜2日にかけて、内部監…

施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント…

明けましておめでとうございます!

アイソス日記の読者の皆様、明けましておめでとうございます。私・中尾優作から皆様への中尾家の年賀状です…

豚まんのおっちゃん

子供の頃、家によく遊びにくるおっちゃんがいて、来るときは必ず豚まんをおみやげに持ってきてくれ…

イオンがカーボンフットプリントに取り組む理由

カーボンフットプリント制度(商品またはサービスのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP