飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」

飯塚悦功プロジェクト第10弾の映像を掲載します。
タイトルは「設計のトラブル防止・保全設計」です。

飯塚さんの研究グループでは、保全設計・保守管理計画立案の方法を美しく書こうと取り組んだのですが、まだ詳細を書くまでには至っていない、道半ばの状態だそうです。この分野では、プロセスで品質と生産性を作り込む計画立案ツールとしてのQC工程表が使えません。

映像は3部に分かれており、冒頭は設備の状態維持設計に取り組んだ理由が述べられ、続いて、状態維持の品質管理のむずかしさが説かれ、最後に、ある方が取り組んだトラブル予測のシミュレーターの話を紹介しています。

 

関連記事

  1. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  6. Vantage Point 補講
  7. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  8. 飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

ピックアップ記事

CEAR審査員向け講演会速報

EMS審査員向けの「最新環境情報講演会」(産業環境管理協会CEAR主催)が1月30日、東京の新宿文化…

ISOファシリテーション合宿初日

アイソス主催でISOファシリテーション合宿(講師:山上裕司氏、アシスタント:小熊孝氏)が本日から開催…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

仁義なき戦い

最近、東京・浜松町駅前ビルの国際貿易センタービル内にある「ブックストア談」という書店が「アイソス」を…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP