飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。
タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です。

飯塚さんは、ソフトウェア工学の分野は画期的な技術があるようでないので、日本は純粋に技術で勝負するよりも、その技術をうまく使っていくためのマネジメントに力を発揮したほうがいいのではないか、日本人って、そっちのほうが得意だと思う、と提言しています。

飯塚さんは、そのための活動を随分前から手がけていて、日科技連のSQiPでは、運営委員長を10年以上務めているし、SESSAMEでは、中級レベルの組込みソフト技術者・管理者を日本で10万人育成するために取り組んでいます。競争優位要因として、「中級者が10万人もいれば、ちょっとやそっとでは(他国に)ひっくり返せないでしょう」というのが持論です。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 0
  2. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  3. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  4. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  6. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」

ピックアップ記事

テクノファの年次フォーラム 350人が来場

ISO研修機関・テクノファ(本社・川崎市、平林良人社長)主催による「第16回テクノファ年次フォーラム…

システム認証と製品認証の垣根が低くなってきた

経済産業省産業技術環境局の山内徹・認証課長(写真)から「マネジメントシステム認証と製品認証の垣根が低…

VDA-QMCトップによる講演会開催

VDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)トップが来日、5月22 日(木) 10:…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

農水省が3年以内に国際標準原案

農林水産省は平成26年度予算において、「食品産業の強化のうち国際標準化推進事業(委託費)」として約2…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP