飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。
タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です。

飯塚さんは、ソフトウェア工学の分野は画期的な技術があるようでないので、日本は純粋に技術で勝負するよりも、その技術をうまく使っていくためのマネジメントに力を発揮したほうがいいのではないか、日本人って、そっちのほうが得意だと思う、と提言しています。

飯塚さんは、そのための活動を随分前から手がけていて、日科技連のSQiPでは、運営委員長を10年以上務めているし、SESSAMEでは、中級レベルの組込みソフト技術者・管理者を日本で10万人育成するために取り組んでいます。競争優位要因として、「中級者が10万人もいれば、ちょっとやそっとでは(他国に)ひっくり返せないでしょう」というのが持論です。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  2. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  3. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  4. 復刻 YouTube① 「飯塚悦功プロジェクト1〜3」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  7. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  8. Vantage Point 補講

ピックアップ記事

第3回知識構造化シンポ開催

日科技連主催「第3回知識構造化シンポジウム 『拡大が続くSSM適用分野 その多様化と進化を探る』」が…

ダイキン工業のSSM

ダイキン工業滋賀製作所のSSM(不具合発生のメカニズムを未然防止に活用するための知識構造モデル)を取…

世界認証件数は8年ぶりに減少

ISOはこのほど、2011年末までの世界におけるISO認証件数をカウントした「ISO Survey …

「クリーンな問いかけ」を身につけるためのセッション

「あるべき姿」を描いたマネジメントシステム(MS)を「仮想MS」とし、一方で実際に動いている現実のM…

中堅企業社長・松尾茂樹氏執筆によるQM戦略本がAmazonから発売

校正専門企業・エヌケイエス株式会社の社長であり、約20年間、自社でQM戦略メソッドを展開実践してきた…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP