飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。
タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です。

飯塚さんは、ソフトウェア工学の分野は画期的な技術があるようでないので、日本は純粋に技術で勝負するよりも、その技術をうまく使っていくためのマネジメントに力を発揮したほうがいいのではないか、日本人って、そっちのほうが得意だと思う、と提言しています。

飯塚さんは、そのための活動を随分前から手がけていて、日科技連のSQiPでは、運営委員長を10年以上務めているし、SESSAMEでは、中級レベルの組込みソフト技術者・管理者を日本で10万人育成するために取り組んでいます。競争優位要因として、「中級者が10万人もいれば、ちょっとやそっとでは(他国に)ひっくり返せないでしょう」というのが持論です。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  2. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  3. 飯塚悦功プロジェクト 14 「Q-Japan構想の三本柱」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」

ピックアップ記事

Vantage Point 格付け

「だって、民意がお笑い芸人を知事に選ぶことだってあるでしょう?」2002年8月号のアイソスを…

【事業競争力WG】 中間取りまとめ骨子(案)を発表

本日、経済産業省の管理システム標準化推進室が事務局をつとめる「第3回事業競争力ワーキンググループ」が…

麗澤大学/中山理学長に聞く  なぜ大学がISO 26000なのか

麗澤大学(千葉県柏市、中山理学長)は、大学組織において教育・研究・社会貢献の3領域で社会的責任を果た…

マリコンの船力

3.11対応について某マリコン(海洋土木・港湾施設建築工事を中心とする建設業者)を取材しました。東北…

「序文 0.1 一般」

久しぶりに「ISO9001ユーザーの声」を続けます。第4章以降の要求事項だけをチェックしてきたの…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP