飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。
タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です。

飯塚さんは、ソフトウェア工学の分野は画期的な技術があるようでないので、日本は純粋に技術で勝負するよりも、その技術をうまく使っていくためのマネジメントに力を発揮したほうがいいのではないか、日本人って、そっちのほうが得意だと思う、と提言しています。

飯塚さんは、そのための活動を随分前から手がけていて、日科技連のSQiPでは、運営委員長を10年以上務めているし、SESSAMEでは、中級レベルの組込みソフト技術者・管理者を日本で10万人育成するために取り組んでいます。競争優位要因として、「中級者が10万人もいれば、ちょっとやそっとでは(他国に)ひっくり返せないでしょう」というのが持論です。

関連記事

  1. Vantage Point 補講
  2. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  3. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  4. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  5. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  8. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」

ピックアップ記事

【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に

不適合は仕事のやり方を改善する絶好の機会です。折れそうになる心を支えるためにそう思うことにしましょう…

第8回是正処置WS

5月23日午前10時から午後6時半まで、審査道無風流主催による第8回是正処置ワークショップ(WS)が…

速報 QMS/EMS等の認証件数(2010.06)

日本適合性認定協会(JAB)は8月5日、2010年6月末時点での国内マネジメントシステム認証組織件数…

陸続きの重苦しさを感じる欧州認証マップ

ISO 9000の認証数では世界2位で、いまだ急成長を続けるイタリア。こんな元気な国なら、何かおもし…

品質方針は「予防」

スウェーデンで先端予防歯科を学んだ熊谷崇さん(写真:酒田市・日吉歯科診療所理事長)の話を聞いて、…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP