飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」

飯塚悦功プロジェクト第11弾の映像を掲載します。
タイトルは「ソフトウェアの産業競争力向上論」です。

飯塚さんは、ソフトウェア工学の分野は画期的な技術があるようでないので、日本は純粋に技術で勝負するよりも、その技術をうまく使っていくためのマネジメントに力を発揮したほうがいいのではないか、日本人って、そっちのほうが得意だと思う、と提言しています。

飯塚さんは、そのための活動を随分前から手がけていて、日科技連のSQiPでは、運営委員長を10年以上務めているし、SESSAMEでは、中級レベルの組込みソフト技術者・管理者を日本で10万人育成するために取り組んでいます。競争優位要因として、「中級者が10万人もいれば、ちょっとやそっとでは(他国に)ひっくり返せないでしょう」というのが持論です。

関連記事

  1. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  2. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  3. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 総目次
  5. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  6. Vantage Point 補講
  7. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  8. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」

ピックアップ記事

吉村伸治は、やはりただ者ではない

吉村伸治さん(写真:ペンネーム/リチャード吉村)の新連載「TS 16949 ここだけのおはなし・・・…

クライマーズ・ハイ

まだ「新聞記者」があこがれの職業だった時代です。大学を卒業して、すぐに奈良新聞に入りました。…

馬鹿sを踏みに

私は高校を出て、夜間大学に進学したのですが、私の科には若者に混じって、髪に白いものが混じる年配の方も…

【ISOS Review】ベネッセのトレードオフ

社員内部監査員ゼロというのは、かなり思い切ったやり方ですね。「経営層に影響を与える内部監査」…

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP