飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。
タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。

YouTubeにはタイトルの長さ制限があるので短くしたのですが、ビデオで表示される正式なタイトルは「データマイニング手法 & ISOとシステム解析工学」になっています。

前半は「データマイニング手法」の紹介。クレジットカードの不正使用の1つとして「なりすまし」がありますが、その対抗策にシステム解析工学を活用した話です。不正使用される時のカードの使われ方のパターンを分析して、「なりすまし」を見抜くというもので、実際大きな成果を上げたそうです。

後半は、ISOマネジメントシステムとシステム解析工学の関係が語られ、特にTQMの標準化政策として生まれたJIS Q 9005/9006の開発経緯の話がおもしろいです。講演などでは聞けない、飯塚さんの気の荒い江戸っ子口調が聞けます。

関連記事

  1. Vantage Point 補講
  2. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  6. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  7. 飯塚悦功プロジェクト 5 「予測を導くABC構造」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」

ピックアップ記事

EnMS-Docが世界のISO 50001動向を紹介

ISO 50001の専門サイトを運営しているEnMS-Docアソシエーツ(代表:山之内登氏)はホーム…

20対1の監査員トレード

その会社には、それまで内部監査員は20名ほどいたのですが、1名の優秀な外部監査員とトレードしました。…

月刊誌休刊を悼む

自分の人生の一時期に大きな影響を与えた雑誌が、しばらく見ないうちに休刊になっていたことを知ると、まる…

アイソス主催・内部監査員初級コースを開催

月刊アイソス主催セミナー「ISO 9001内部監査員初級コース(内部監査技術者初級認定)」が7月8日…

海外向けの草稿

某海外雑誌へこれから寄稿する直前の日本語の草稿を紹介します。ある方から、事前にブログに掲載す…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP