飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。
タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。

YouTubeにはタイトルの長さ制限があるので短くしたのですが、ビデオで表示される正式なタイトルは「データマイニング手法 & ISOとシステム解析工学」になっています。

前半は「データマイニング手法」の紹介。クレジットカードの不正使用の1つとして「なりすまし」がありますが、その対抗策にシステム解析工学を活用した話です。不正使用される時のカードの使われ方のパターンを分析して、「なりすまし」を見抜くというもので、実際大きな成果を上げたそうです。

後半は、ISOマネジメントシステムとシステム解析工学の関係が語られ、特にTQMの標準化政策として生まれたJIS Q 9005/9006の開発経緯の話がおもしろいです。講演などでは聞けない、飯塚さんの気の荒い江戸っ子口調が聞けます。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  2. 飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」
  3. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」
  5. Vantage Point 補講
  6. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 1 「統計的手法より予測が重要だ」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 0

ピックアップ記事

ピーちゃんの初夏

群馬で講演

群馬県で「取材で見たISO-MSの先進事例」というテーマで1時間ほど講演をさせていただきました。講演…

ISO 50000シリーズのラインアップ

ISO/TC242(エネルギーマネジメントを審議する技術委員会)対応国内委員会委員である寺田博さんの…

Food Safety Day Japan 2013(8) グローバル・マーケット・プログラムを強力に推進するマレーシアの事例

GFSI(Global Food Safety Initiative)主催による「フード・セーフ…

中産連がVDA6.3監査員コース開始

VDA-QMC(ISO/TS 16949の審査登録業務の監視を行うドイツの監督機関)から承認されてい…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP