飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 12 「ISOとシステム解析工学」

飯塚悦功プロジェクト第12弾の映像を掲載します。
タイトルは「ISOとシステム解析工学」です。

YouTubeにはタイトルの長さ制限があるので短くしたのですが、ビデオで表示される正式なタイトルは「データマイニング手法 & ISOとシステム解析工学」になっています。

前半は「データマイニング手法」の紹介。クレジットカードの不正使用の1つとして「なりすまし」がありますが、その対抗策にシステム解析工学を活用した話です。不正使用される時のカードの使われ方のパターンを分析して、「なりすまし」を見抜くというもので、実際大きな成果を上げたそうです。

後半は、ISOマネジメントシステムとシステム解析工学の関係が語られ、特にTQMの標準化政策として生まれたJIS Q 9005/9006の開発経緯の話がおもしろいです。講演などでは聞けない、飯塚さんの気の荒い江戸っ子口調が聞けます。

関連記事

  1. Vantage Point 補講
  2. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  3. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  4. 飯塚悦功プロジェクト 総目次
  5. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  7. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  8. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」

ピックアップ記事

米戸さん 2008年版を語る

いそいそフォーラム(メーリングリスト)関東支部10周年記念+東北支部恒例合宿の2日目(本日)、米戸靖…

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。バサッと音がした。それを「音がした」と言うか?エイズ・コーディ…

SRの国際規格が5月にFDIS作成へ

3月3日にISOが発表したプレスリリースによりますと、ISO 26000という番号が付いている社会的…

【震災寄稿 No.8】 被災生活でまず確保すべきこと

昨日に続いて坂内さんが、自らの被災体験に基づき、震災に遭遇した時の対処法について記してくれました。…

大手中心の戦略

「LA(large accounts;大手顧客)にフォーカスしたマーケット戦略をとっている」…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP