飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。
バサッと音がした。
それを「音がした」と言うか?

エイズ・コーディネーターとの対談の途中、返答に困った飯塚悦功さんが、禅問答のような話を相手に振ったそうです。

この話は、認知・認識というのは、絶対的なものか、相対的なものかってことを問いかけている。誰も見てないところで起きたことって、本当に「起きた」って言えるだろうか?

品質論というのは、相対的なものである。
絶対的な真実があって、見ようが見まいが、ちゃんと木は存在してるから、「倒れたんだ」と言ってもいいかもしれないけど、我々がビジネスをやって、取引を行う時には、取引の受け取り手が「良い」と言わなければ、良いことにはならない。
品質論っていうのは、そこから来ている。

上記のような話を含めて、飯塚さんの品質思想の原点となった体験談が今回のビデオ「品質の本質は『目的志向』だ」に登場します。飯塚さんのへのインタビューは3時間半にわたって行われたのですが、このくだりが出てくる今回の8分間が一番話に熱気がこもっていたように記憶しています。飯塚悦功プロジェクト第13回の映像です。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」
  2. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  3. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  4. Vantage Point 補講
  5. 飯塚悦功プロジェクト 11 「ソフトウェアの産業競争力向上論」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  7. 復刻 YouTube③ 「飯塚悦功プロジェクト9〜15」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 0

ピックアップ記事

RCJがJAB認定辞退

一般財団法人日本電子部品信頼性センター システム認証部(略称:RCJ)はこのほど、日本適合性認定協会…

飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞

毎年、工業標準化推進月間である10月に工業標準化事業表彰式が開催されているが、平成24年度の表彰式は…

次期ISO 9001規格の最新動向 その5

連載最終回である「その5」では、WDへとつながるラフワーキングドラフトの現状を報告します。ISO/T…

Vantage Point インセンティブ

小売:委託工場に対しては、何かインセンティブがないとなかなか食品安全に取り組んでもらえない。…

ISOファシリテーション合宿2日目

ISOファシリテーション合宿(月刊アイソス主催、講師:山上裕司氏(写真右)、アシスタント:小熊孝氏)…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP