飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 13 「品質の本質は『目的志向』だ」

誰もいない森で木が倒れた。
バサッと音がした。
それを「音がした」と言うか?

エイズ・コーディネーターとの対談の途中、返答に困った飯塚悦功さんが、禅問答のような話を相手に振ったそうです。

この話は、認知・認識というのは、絶対的なものか、相対的なものかってことを問いかけている。誰も見てないところで起きたことって、本当に「起きた」って言えるだろうか?

品質論というのは、相対的なものである。
絶対的な真実があって、見ようが見まいが、ちゃんと木は存在してるから、「倒れたんだ」と言ってもいいかもしれないけど、我々がビジネスをやって、取引を行う時には、取引の受け取り手が「良い」と言わなければ、良いことにはならない。
品質論っていうのは、そこから来ている。

上記のような話を含めて、飯塚さんの品質思想の原点となった体験談が今回のビデオ「品質の本質は『目的志向』だ」に登場します。飯塚さんのへのインタビューは3時間半にわたって行われたのですが、このくだりが出てくる今回の8分間が一番話に熱気がこもっていたように記憶しています。飯塚悦功プロジェクト第13回の映像です。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 10 「設備のトラブル防止・保全設計」
  2. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  3. Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売
  4. 飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」
  5. 復刻 YouTube② 「飯塚悦功プロジェクト4〜8」
  6. 飯塚悦功プロジェクト 0
  7. 飯塚悦功プロジェクト 7 「FMEAってスゴイ!」
  8. Vantage Point 補講

ピックアップ記事

速報 QMS/EMS認証件数(2012.12)

財団法人日本適合性認定協会(JAB)は2月12日付のプレスリリースで、2012年12月末時点での国内…

FSSC 22000の認定サービス始まる

ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にBS PAS 220(食品製造に対する食品安全の…

第14回是正処置WS

11月20日、東京・審査道無風流道場で開催された第14回是正処置ワークショップ(WS)に参加しました…

二者監査員研修のPV撮影

二者監査員研修実施に向けた打ち合わせ会議を行った。どういう内容を研修に盛り込んでいくかという議論を午…

【ISOS Review】 「復興事業が忙しくて審査準備ができない」は正論か?

楢崎建志さん(ISO審査機関である新日本認証サービスの代表取締役)がアイソス5月号の意見広告(本誌最…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP