飯塚悦功プロジェクト

飯塚悦功プロジェクト 15(最終回) 「私の課題」

飯塚悦功プロジェクト最終回(第15回)の映像です。テーマは「私の課題」。飯塚さん個人における学問上の課題と社会的課題について話していただきました。
学問上の課題は、まっとうな目的を設定するための方法論を極めること。例えば、最初に思いつく目的達成のための方法論の中にまっとうなものが必ず入っているようにすること。

社会的課題は、これまで自分を育ててくれた社会に対して恩を返したい。特にお国のために返したい。どういう形で返すのかというと、高度成長期のあの「強い日本」を、全然違うパラダイムの中で実現することに役立ちたいとのこと。

飯塚さんがどのような思いで学問に取り組み、社会的活動に取り組んでおられるのかが見えてきます。どうぞご視聴ください。

関連記事

  1. 飯塚悦功プロジェクト 0
  2. Vantage Point 補講
  3. 飯塚悦功プロジェクト 3 「お客様志向」は「目的志向」
  4. 飯塚悦功プロジェクト 4 「システム解析工学での関心事」
  5. 飯塚悦功プロジェクト 6 「デキル技術者の頭の中」
  6. 飯塚悦功氏が内閣総理大臣表彰を受賞
  7. 飯塚悦功プロジェクト 8 「設計の不具合は、ほぼ予測できる」
  8. 飯塚悦功プロジェクト 9 「医療に品質管理の手法導入」

ピックアップ記事

供給者満足は顧客への好悪に関係する

いやなお客の親切よりも好いたお方の無理がよい(都々逸から)…

この6年間のISO 9001認証争奪戦

JABは四半期に1度、JAB認定・非認定を問わず、認証機関対象に認証件数のアンケート調査を実施し、プ…

速報 JAB環境ISO大会(2010)

日本適合性認定協会(JAB)主催による「2010年度 JAB環境ISO大会」が2月17日、東京・有楽…

日本の審査員の平均年収は先進国で最低

IRCA(国際審査員登録機構)は2013年第4四半期に全世界の審査員/監査員対象に雇用と給与に関する…

次期ISO 9001規格の最新動向を一気読み

ISO/TC176国内委員会副委員長の棟近雅彦氏(早稲田大学教授)が、2012年12月27日にテクノ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP