ISOS Review

【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題

アイソス8月号の特集記事で、SDS(化学物質や混合物に関する製品安全データシート)に関する座談会の模様が掲載されている。この中でデータシートにまつわる問題点として、下記の内容が紹介されていた。

例えば、もともと化学物質を扱っている会社ではなく、中小規模の加工業や商社などのように、会社に化学物質の知識を持った担当者がいない場合、会社側が化学物質管理をISO事務局に全部押し付けたりすることがある。

顧客である完成品メーカーが、材料供給メーカーに対して、化学物質に関する情報提供を求めても、秘密成分保持のために情報開示をしない場合がある。

前者は内部コミュニケーション、後者は外部コミュニケーションの問題と言える。座談会の結びの中で、ある方が「EMSでは、化学物質管理は重要な環境管理項目だが、QMSでも、購買先の管理の中で、化学物質への対応が含まれる。その際、顧客側は、情報を全部開示しなくても、きちんとコミュニケーションをとってくれる会社を購買先に選ぶようになるだろう」と述べていたことが印象的だった。

関連記事

  1. 【ISOS Review】「射精介助」という発想
  2. 【ISOS Review】 TDK 世界のEMS/OHSMSを統…
  3. 日吉・奥村ペアの連載「TS内部監査」始まる
  4. 【ISOS Review】 ISOMSS度1%未満の連載記事
  5. 【ISOS Review】 プレゼンのコツ
  6. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  7. 【ISOS Review】 切石庄之介がひっくり返したいこと
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

ピックアップ記事

国交省の高速ツアーバス事故を踏まえた対応

国土交通省自動車局長の武藤浩氏(写真)が、11月28日開催された同省主催の「運輸事業の安全に関するシ…

娘の余命観

「あと10年しか生きることができなかったら」って?大して変わんなくない?今とおんなじこと…

山上裕司氏執筆によるISOファシリテーション本がAmazonから発売

山上裕司氏執筆による電子書籍『ファシリテーション技法を使ったマネジメントシステム内部監査』(発行:シ…

低学年の野球練習で

ねえねえ、せんせー・・・あっ、ちがった、かんとくぅー…

【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査基準に採用

メトログループの日本法人・メトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパンは登録制卸として、国内外のサ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP