ISOS Review

【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章

最近、アイソス連載中の「サロンで議論」が冴えてる。3月号(2月10日発売)のタイトルは「イチローはかく語りき」。ISO 9001規格とイチロー語録とを照らし合わせて成功の秘訣をレビューしようというもの。やってみると7章(製品実現)に該当する語録がなかったそうである。
この理由について筆者の辻井浩一さんは次のように述べている。
「プロは製品提供の舞台裏は見せるものではない、と考えているようなのだ」

関連記事

  1. 【ISOS Review】 化学物質のコミュニケーション問題
  2. 【ISOS Review】 TC176の新委員 須田晋介さん
  3. 【ISOS Review】 PJRの堀部誠氏に聞く
  4. 【ISOS Review】 ISO 9001次期改訂に対する日本…
  5. 【ISOS Review】 不適合を絶好の機会に
  6. 【ISOS Review】坂田和則さんのにくい文章
  7. 【ISOS Review】 ヒロさんの「最終回」の衝撃
  8. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 村松
    • 2011年 1月 28日

    前後の文脈が分かりませんので推測コメントになりますが、
    一つには「企業秘密」かとも思います。
    あるいは、インタビュアーが「聞くだけ時間のムダ」な
    質問しかしないので、語録に残っていないのか。
    「どんな練習をしていますか?」
    などと聞いてみたところで、返答する方は、
    「それを言ったらあなたはそうするorできるんですか?」
    と考えるかも知れないし、仮に答えを得られても聞いた方が、
    「あぁそうですか」
    で終わってしまうなら、何のための質問かと思います。
    受審側の問題点を指摘できない審査員のようでもあります。

    • イチロー杯出場少年野球チームのコーチ
    • 2011年 2月 09日

    7章に該当する語録がない理由は簡単です。
    イチローが、言葉で説明せずに映像で見せるからで、
    それをマスコミが言葉で表現できないから、語録になりません。
    you tubeで、イチロー本人が実演する映像を
    容易に見ることができます。
    決して、舞台裏を見せないわけではありません。
    彼が7章該当内容を秘密にしない理由は、
    自分にしかできないことだという自負がある証拠でしょう。
    製品実現プロセスで絶対に説明できないのが
    彼の地肩の強さと走るスピードの速さと動態視力でしょう。
    なぜなら、もともとあるものだから。

    • 中尾優作
    • 2011年 2月 09日

    <製品実現プロセスで絶対に説明できないのが彼の地肩の強さと走るスピードの速さと動態視力でしょう。
    そういや、最初からうまい子っていますね。

ピックアップ記事

恋人を待つ時間

娘の携帯に何度も電話が入っています。寝坊したため約束の時間に待ち合わせ場所に行けなかった相手が、…

Vantage Point 組織の時代

「組織が審査機関を選ぶ時代になってきた」2010年2月23日、日本適合性認定協会(JAB)主催の…

CFPラベル 日本で始まった時、欧州では終わっていた

カーボンフットプリント(CFP)ラベルを貼付した製品の市場流通が始まった2009年10月頃、産業環境…

JABが認定料金を一部値下げ

日本適合性認定協会(JAB)は4月1日から新しい認定料金を適用する。認定料金というのは、認証機関に対…

暴風吹き荒れる家庭から脱出をはかる娘へ

今日も家の中は暴風が吹き荒れています。「来春には出る!」そうでしょうね。早く出て…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP