ISOS Review

【ISOS Review】 イチローとISO 9001の7章

最近、アイソス連載中の「サロンで議論」が冴えてる。3月号(2月10日発売)のタイトルは「イチローはかく語りき」。ISO 9001規格とイチロー語録とを照らし合わせて成功の秘訣をレビューしようというもの。やってみると7章(製品実現)に該当する語録がなかったそうである。
この理由について筆者の辻井浩一さんは次のように述べている。
「プロは製品提供の舞台裏は見せるものではない、と考えているようなのだ」

関連記事

  1. 【ISOS Review】 景気が悪いとCSRもしぼんでいいのか…
  2. Amazonから電子書籍『食品安全のキホンのキ』発行!
  3. 【ISOS Review】 メトロがGFSIプログラムを二者監査…
  4. 【ISOS Review】 ガイド83採用規格が目白押し
  5. 【ISOS Review】 ISO 31000解説特集
  6. 【ISOS Review】 審査員の平均年齢は57.6歳
  7. 【ISOS Review】TQCは縦、内部監査は横
  8. 【ISOS Review】 気づきの質問のコツ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 村松
    • 2011年 1月 28日

    前後の文脈が分かりませんので推測コメントになりますが、
    一つには「企業秘密」かとも思います。
    あるいは、インタビュアーが「聞くだけ時間のムダ」な
    質問しかしないので、語録に残っていないのか。
    「どんな練習をしていますか?」
    などと聞いてみたところで、返答する方は、
    「それを言ったらあなたはそうするorできるんですか?」
    と考えるかも知れないし、仮に答えを得られても聞いた方が、
    「あぁそうですか」
    で終わってしまうなら、何のための質問かと思います。
    受審側の問題点を指摘できない審査員のようでもあります。

    • イチロー杯出場少年野球チームのコーチ
    • 2011年 2月 09日

    7章に該当する語録がない理由は簡単です。
    イチローが、言葉で説明せずに映像で見せるからで、
    それをマスコミが言葉で表現できないから、語録になりません。
    you tubeで、イチロー本人が実演する映像を
    容易に見ることができます。
    決して、舞台裏を見せないわけではありません。
    彼が7章該当内容を秘密にしない理由は、
    自分にしかできないことだという自負がある証拠でしょう。
    製品実現プロセスで絶対に説明できないのが
    彼の地肩の強さと走るスピードの速さと動態視力でしょう。
    なぜなら、もともとあるものだから。

    • 中尾優作
    • 2011年 2月 09日

    <製品実現プロセスで絶対に説明できないのが彼の地肩の強さと走るスピードの速さと動態視力でしょう。
    そういや、最初からうまい子っていますね。

ピックアップ記事

怒りの季節

ちょうど今ごろの季節です。高校を卒業し、就職したばかりの姉は、翌朝会社に着ていく服を何にする…

福岡伸一と池谷裕二が考える「相関」と「因果」

「ソトコト」という月刊誌を読んでいると、いまの編集部の理論的支柱は「福岡伸一」だな、とわかります。月…

JIS Q 15001:2017(個人情報保護マネジメントシステム)の口語訳登場

アイソス4月号(3月10日発行)の特集で、2017年12月20日に改正されたJIS Q 15001(…

VDA-QMCトップによる講演会開催

VDA-QMC(ドイツ自動車工業会品質マネジメントセンター)トップが来日、5月22 日(木) 10:…

Vantage Point 固有技術の問題

「世の中の不具合問題は、固有技術の問題だ」ISOマネジメントシステム関係者の間で「最近起こっ…

アーカイブ

ツール

規格

PAGE TOP